デュアル湾曲ディスプレイを確認! BMW X6改良型、室内も大刷新へ

コラム Clicccar

BMWのSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)「X6」改良型を初スクープ、同時にその内部も激写しました。

BMW X6 改良型 プロトタイプ コックピット

X6は2019年に第3世代となる現行型を発売。発売から2年も経過していないにもかかわらず、早くも改良型に着手しているようです。

捉えたプロトタイプは開発の初期段階のため、ヘッドライトなど、ほぼすべてが市販型コンポーネントを隠す単なるプレースホルダー(仮のパーツ)です。今後は前後バンパーをはじめ、グリルやLEDテールライトなどが刷新されるはずです。

BMW X6 改良型 プロトタイプ

注目は、様々な変更が見られるコクピットです。そこには「iX」にインスパイアされた2つのワイドな湾曲ディスプレイが見てとれます。1つは14.9インチのインフォテイメントシステム用で、もう1つは12.3インチのデジタルインストルメントクラスタであることがわかります。

おそらく、HVACコントロールをセンタースクリーンに統合するはずです。ほかにはギアシフターとパークボタンが置き換えられている様子がうかがえます。

BMW X6 改良型 プロトタイプ

パワートレインは、最高出力265psを発揮する3.0リットルV型6気筒ディーゼルターボエンジンをはじめ、最高出力530ps・最大トルク750Nmを発揮する強力な4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンなどがキャリオーバーされる見込みです。

X6改良型の市場投入は、早くとも2022年と予想されています。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ