BMW X7が大幅改良へ。湾曲ダッシュボードを初採用か?

コラム Clicccar

BMWのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「X7」改良型プロトタイプが初のウィンターテストを開始、その姿をカメラが捉えました。

BMW X7 改良型 プロトタイプ

同ブランドの中でも新しいモデルの1つであるX7は2019年にデビューしたばかりですが、早くも改良型のテストが開始されています。

豪雪のスカンジナビアでキャッチしたテスト車両は、フロントとリアを厳重にカモフラージュしていますが、ボンネットフードを一新、位置が下げられてデザインが刷新されるヘッドライト、わずかに広いグリルを装備している様子が伺え、「7シリーズ」にインスパイアされたフロントエンドが予想されています。

リアエンドでは、LEDテールライトのグラフィック、バンパーのリフレッシュが行われるでしょう。

BMW X7 改良型 プロトタイプ

内部では、新設計される湾曲ダッシュボードの採用が噂されており、最新のインフォテインメントウェアも搭載すると思われます。

現行型パワートレインは、3.0リットル直列6気筒ターボチャージャーエンジンおよび最高出力456ps・最大トルク649Nmを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンをラインアップしていますが、どちらも微調整が行われ、効率的にそして強力にする可能性もあるといいます。さらに、水素レンジエクステンダーを備えるエレクトリックモデルの設定も噂されています。

X7改良型のワールドプレミアは最速で2021年内と予想され、市場ではメルセデス・ベンツ「GLS」などと競合することになります。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ