ヤリスクロスに「アドベンチャー」グレード登場! 気になる国内モデルとの違いは?

コラム Clicccar

国内仕様のトヨタ「ヤリスクロス」

トヨタ自動車が昨2020年8月末に発売を開始したコンパクトSUV「ヤリスクロス」。

ヤリスシリーズの中で約40%前後の販売を占めており、人気の高さから生産が追い付いていないようですが、昨年には約3.3万台を販売。今年に入っても1月に9,350台、2月に6,930台と、半年間に渡って8,000台/月ペースの販売を維持しています。

欧州向けトヨタ「ヤリスクロス」のエクステリア

そうしたなか、欧州トヨタが本年9月よりヤリスクロスの欧州導入を開始すると発表しました。

国内市場に対し、ほぼ1年遅れの欧州導入となるわけですが、同社の発表によると、国内向けには無い新たな仕様が加えられています。

ガソリンモデルの設定が無く、HVのみとなっているのに加え、「アドベンチャー」グレードが設定されており、国内モデルとは内外装の随所に仕様差がみられます。

欧州向けトヨタ「ヤリスクロス」のリヤビュー

まずエクステリアでは、前後バンパー下部にプロテクターが追加されており、フロントバンパー開口部を囲むガーニッシュを設定。

ルーフにはシルバー色のルーフレールが装備されており、ダークグレー色の18インチアロイホイールを装備するとともに、最低地上高が国内仕様の170mmから10mm程度引き上げられているようです。

欧州向けトヨタ「ヤリスクロス」のインテリア

インテリアではインパネ廻りやルーフ・ヘッドライニングが黒基調でまとめられており、専用デザインのシートを装備。シフトレバーにはブーツが設定されており、ピアノブラック塗装のコンソール&ドアべゼルに加え、インパネやドアトリム上を走るゴールドカラーのモールなどが目を惹きます。

欧州向けトヨタ「ヤリスクロス」のインテリア

フランスのバランシエンヌ工場で製造される欧州向け「ヤリスクロス」は、9月の正式販売開始に先立ち、本年の第2四半期初頭にオーダー可能になるそう。

国内市場では、現在も半年前後の納車待ちを強いられている状況ですが、欧州向けの「アドベンチャー」グレードでは前述のとおりプレミアム感が演出されており、日本でも今後同様のグレード設定や専用パーツの設定が望まれます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

トヨタが迫力のワイドフェンダー&リヤウイング装備の「GRヤリスAP4」を公開!
https://clicccar.com/2020/12/04/1039666/

トヨタ ヤリスクロスのCMに、サカナクションがPOPな新曲「気になりダンス♪」を提供
https://clicccar.com/2020/09/23/1018969/

レクサス版「ヤリスクロス」が誕生! トヨタが欧州で「LBX」の商標登録を申請
https://clicccar.com/2020/09/02/1009538/

【関連リンク】

トヨタ ヤリスクロス https://toyota.jp/yariscross/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ