MINIクロスオーバーに直列3気筒1.5Lガソリンを積む「クロスオーバー・バッキンガム」を設定

コラム Clicccar

Cセグメント級のボディサイズをもつMINIクロスオーバーは、2011年にMINIの4番目のモデルとして、プレミアムコンパクトSAVとして誕生しました。

2017年には2代目に進化し、以前お伝えしたように、2020年秋にはマイナーチェンジを受けています。LEDヘッドライトの形状が従来の丸型から角型に変わったことで、キリッとした顔つきになり、前後に用意されたアンダーガードによりSUVらしい雰囲気が色濃くなっています。

2020年秋にマイナーチェンジを受けたMINIクロスオーバー

2021年5月7日、MINIクロスオーバーに「MINI Crossover Buckingham(クロスオーバー・バッキンガム)」が追加され、同日販売を開始しました。デリバリー開始は2021年5月中旬以降の予定。

なお、MINIクロスオーバー・バッキンガムは、2017年10月に特別仕様車として設定されていました。今回、カタログモデルとして追加された「クロスオーバー・バッキンガム」は、最高出力75kW(102PS)/3900rpm ・最大トルク190Nm/1380-3600rpmを発揮する直列3気筒1.5Lのガソリンエンジンを搭載。MINIクロスオーバーのエントリーグレードになります。エントリーグレードでも装備は充実しています。

こちらは、2017年に設定された特別仕様車の「クロスオーバー・バッキンガム」

人気の高い新型「マルチディスプレイメーターパネル」、衝突被害軽減ブレーキなどの「ドライビングアシスト」、リヤビューカメラ、パーキング・アシストなどが標準装備されているほか、専用装備として、MINIらしいユニオン・ジャックをモチーフとした専用デザインのサイドスカットル、専用リヤステッカーが備わります。

ほかにも、ルーフレールや16インチアルミホイールの「リヴォレット・スポーク・シルバー」「スポーツ・レザーステアリングホイール」「インテリア・サーフェス・ヘイジー・グレー」「オートマチック・オペレーション・テールゲート(イージー・オープナー機能付)」「コンフォート・アクセス」、前後アームレスト、「ストレージ・コンパートメント・パッケージ」、LEDヘッドライト(コーナリング・ライト付)ナビゲーションシステム、「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」「MINI Connected(有効期間: 3年間)」などが備わります。

SUVらしさが増したマイナーチェンジ後のMINIクロスオーバーのリヤビュー

ボディサイズは全長4315×全幅1820×全高1595mm。「MINIクロスオーバー・バッキンガム」の価格は395万円です。

従来のエントリーモデルは、2.0Lディーゼルを積む「MINI Cooper D Crossover」の433万円でしたので、より手が届きやすい価格設定になっています。

※上記の写真は、マイナーチェンジ後モデルで「MINIクロスオーバー・バッキンガム」と異なります。

塚田勝弘

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ