ルノー・トゥインゴが装備を充実化。4色のレザー調×ファブリックコンビシートとインテリアカラーを用意

コラム Clicccar

現在の欧州Aセグメントは、フォルクスワーゲンup! が2020年秋に販売を終了し、スマートは2019年にガソリンエンジンモデル最後の限定車が送り出されています。フィアット500、フィアット・パンダ、ルノー トゥインゴなど選択肢は少ないものの、「軽自動車以上、Bセグメント未満」で探すと貴重なクラスといえます。

マイナーチェンジを受けて装備の強化、新色を設定したルノー トゥインゴ

そんな中、2021年5月13日にルノー トゥインゴが一部改良を受けました。「インテンス」、屋根を開けられる「インテンスキャンバストップ」に、ボディ同色サイドモールや16インチアロイホイール、プライバシーガラスなどが新たに装備されています。

ルノー トゥインゴの前後ビュー

加えて、コーナリングランプ機能付フロントフォグランプ、前席シートヒーター、サブウーハー、リヤシート下収納ネットも新たに備わり、機能性、快適性も向上。インテリアは、4色のレザー調×ファブリックコンビシートとインテリアカラーがボディカラーによってコーディネイトされ、上質で洗練されたムードを醸し出しています。

オープンエア感覚のドライブが楽しめるキャンバストップ

MTによるキビキビした走りが魅力の「トゥインゴS」は、ユーザーからニーズが高いというリヤカメラ、プライバシーガラスが新たに用意されたほか、燃費がこれまでの19.3km/Lから20.7km/Lに向上しているのもうれしい点。

先述のように、トゥインゴのようなモデルで大切なカラーコーディネイトもバリエーションに富んでいます。

「インテンス」「インテンス キャンバストップ」は、ボディカラーによりインテリアカラーが異なる

「インテンス」「インテンスキャンバストップ」のボディカラー/インテリアカラーは、新色の「ブランクオーツメタリック/ブランインテリア」、同じく新色の「ブルーオセアンメタリック/ブルーインテリア」「ルージュフラムメタリック/ルージュインテリア」「ジョンマンゴー/ジョンインテリア」「ブルードラジェ/ブランインテリア」「ブランクリスタル/ブランインテリア」の6色。

一方の「トゥインゴS」のボディカラーは、新色の「グリリュネールメタリック」「ルージュフラムメタリック」「ジョンマンゴー」「ブルードラジェ」「ブランクリスタル」の5色展開となっています。「トゥインゴS」のインテリアカラーは、「ブランインテリア」のみになります。

ルノー トゥインゴのリヤビュー

なお、メタリックは4万1000円高。価格は「ルノー トゥインゴ インテンス」が220万円、「ルノー トゥインゴ インテンス キャンバストップ」が232万円、「ルノー トゥインゴS」が189万円です。

塚田勝弘

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ