BMW 5シリーズ次期型、スリムグリルを採用か?電動化進み内燃エンジンはどうなる!?

コラム Clicccar

BMWは現在、欧州Eセグメント「5シリーズ」次世代型を開発していますが、その最新プロトタイプをカメラが捉えたました。

BMW 5シリーズ 次期型ハイブリッドモデル 開発車両

開発が始まったばかりの次世代型ですが、電動化が強化されるとみられています。

捉えたプロトタイプは、フロントドアとリアバンパーに「Hybrid Test Vehicle」(ハイブリッド テスト車両)のステッカーが貼られており、一見してハイブリッドモデルであることがわかります。

BMW 5シリーズ 次期型ハイブリッドモデル 開発車両

フロントエンドでは「M3セダン」「M4クーペ」「iX」などで採用され、一部で批判があった(個人的には格好良いと思いますが…)縦長巨大グリルでないことがわかります。代わって中間のスペースが広く、ワイドですが非常にスリムなデザインを採用している可能性があります。これはこれまでのモデルではみられておらず、同ブランドの新たな試みと言えそうです。

しかし、ドアの下部にはリベットで留められたいくつかのパネルがみられ、ボンネットや側面、後部はダミーパネルで覆われている可能性が高いです。

2023年モデルとして、2022年内に登場する5シリーズ(G60シリーズ)新型は、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、フルエレクトリックモデルなど電動化が強化される予定です。注目は内燃機関エンジンの行方ですが、一気に廃止される可能性は低く、電動化モデルと併売されることになるはずです。

EVバージョンとなる「i5」では、「iX xDriv40」と仕様の一部を共有するとみられ、リアに電気モーター、オプションでフロント車軸にもう1つを搭載、出力合計で300hpを発揮し、0-100km/h加速は6秒のパフォーマンスが予想されます。また70kWhバッテリーパックを積み、1回の充電による後続は400km以上となります。

5シリーズ次世代型の登場は2023年内と、まだまだ先になるでしょう。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ