世界初のトライアストロン開催/藤ノ木古墳発掘/女性ユーザーをターゲットにした6代目フロンテ登場!【今日は何の日?9月25日】

コラム Clicccar

1974(昭和49)年9月25日、米国カリフォルニア州のミッション・ベイで世界初のトライアスロンが開催されました。その時はラン(8.48km)、バイク(8km)、スイム(548.64m)の順番でした。日本で初めて開催されたのは、1981年の鳥取県米子市の皆生大会です。トライアスロンは大まかに4種類あり、オリンピックで採用されているのはショートレースで、スイム(1.5km)、バイク(40km)、ラン(10km)の計51.5kmのレースです。ショートのほぼ2倍のミドルディスタンスレース、ショートの約3倍のロングディスタンスレース。最も長いのはアイアンマンレースで、ランはマラソンと同じ42.195kmで競います。距離については、ショート以外は大会によって変動するそうです。

藤ノ木古墳

また今日は、「藤ノ木古墳の日」です。1985(昭和60)年のこの日、奈良県斑鳩町の藤ノ木古墳の石室などが発掘されたことにちなんで制定されました。藤ノ木古墳は直径約48m、高さ約9mの円墳で、6世紀後半の高位の人の墓と言われています。石室の中には、多くの金属製品や土師器など貴重な文化財が多数発見されました。また家形石棺があり、中には2体の人骨と副葬品が見つかりました。古墳発掘には必ずと言っていいぐらいミステリアスな話がつきものですが、藤ノ木古墳にもいろいろな伝説があるそうです。

さて、クルマ界の今日は何があったのでしょう?

1984年に発売された6代目フロンテ

1984(昭和59)年のこの日、スズキから「アルト(2代目)」の兄弟車となる「フロンテ(6代目)」が発売されました。ボンネットバン(商用車)であるアルトに対し、フロンテは乗用車登録。1980年代に女性の社会進出が進んできたことを考慮して、20歳~30歳代の若い女性をターゲットとしました。

実用的な4ドアハッチバックの4人乗りのセダンとして、シンプルながらクリーンなイメージのフォルムを採用。セールスポイントは、おしゃれな内装とクラスNO.1の広い室内空間でした。その他、乗降の際にドライバーズシートが30度回転する機構や前席の座面が上下に移動するシートリフター、チルトステアリングなど、女性にやさしい装備が満載。さらにオートマチックエアコンのような、2.0Lクラスの乗用車にも負けない快適装備もオプション設定されました。

1984年発売の2代目アルト。フロンテと同時に発売したボンネットバン

パワートレインは、550ccの水冷3気筒SOHCエンジンに4速&5速MTおよび2速ATの組み合わせ。駆動方式はFFでした。1987年には軽乗用車初のDOHCエンジンを搭載した「フロンテツインカム」も追加設定されました。

1967年発売の初代フロンテ。スズライト・フロンテの後継としてデビュー

女性をターゲットにスマートに仕上げた乗用車のフロンテでしたが、当時はボンネットバンの兄弟車アルトが大ヒットしていたことから、販売は苦戦しました。スズキとしては、収益の高い軽乗用車フロンテの販売も伸ばしたかったのでしょうが、アルトの陰で目立たない存在で終わってしまいました。

毎日が何かの記念日。それではまた明日!

Mr.ソラン

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ