ヤマハ発動機とクボタがイチゴの収穫など、露地作物・果樹分野の自動化を目指して連携強化

コラム Clicccar

ヤマハ発動機といえば、身近な存在としてオートバイ、電動アシスト付自転車があります。マリンスポーツを楽しむ人であれば、ボートや水上バイク、船外機。ウインタースポーツならスノーモービルを楽しんでいる人もいるでしょう。さらに、除雪機や発電機などもリリースしています。ほかにも意外な分野では、同社の最新技術を活かし、農業を支援する事業にも進出しています。

イチゴ収穫ロボット(内部)画像センサーとAIで熟度を判別し、自動で収穫する

ヤマハ発動機と農業機器の大手であるクボタは、米国のスタートアップ企業である「Advanced Farm Technologies社(AFT社)」に追加出資したと明らかにしました。

米国のAFT社は、自社開発したロボットによるイチゴの収穫サービスにより、農業生産の効率化に貢献するスタートアップ。AFT社が開発したイチゴ収穫ロボット「TX robotic strawberry harvester」は、自動で走行し、搭載されている画像センサーとAIを用い、収穫適期にあるイチゴを瞬時に判別し、ロボットアームで果実を摘み取るそう。イチゴ狩りをしたことも多いと思いますが、ロボットアームで繊細なイチゴを収穫できるとは驚き。ただ、アメリカの農業は日本とは比較にならないほど大規模で、自動化が欠かせないのも想像できます。

イチゴ収穫ロボットの様子

実際に、こうした路地作物、果樹分野でも自動化により、収穫作業を大幅に省力化でき、さらにオペレーション効率の最大化もできます。ヤマハ発動機とクボタによる今回の追加出資により、日本の両社が有する技術も活用し、AFT社が進める露地作物、果樹分野における自動化の技術開発、事業拡大を加速させていくとしています。

ヤマハ発動機とクボタは、農業の広い分野において、社外パートナーとの連携を通じて先進技術を積極的に取り込むオープンイノベーションを推進。こうした農業分野でもグローバルでの社会課題の解決にも注力しています。

塚田勝弘

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ