最新ハリアーオーナーの純正ナビへの映像入力が可能になる、ビートソニック「HVXT02」が登場!【東京オートサロン2022】

コラム Clicccar

東京オートサロン2022会場のビートソニックブース

近年の新型車のメーカーオプションナビからは、映像入力端子が廃止されてきています。ことに顕著なのはトヨタの「T-Connect」のナビです。

スマートフォンとのペアリングが前提の機能はありますが、なぜかAndoroidに限定しており、iPhoneのミラーリングには対応していません。

世界的に見て、AndroidよりもずっとiPhoneのユーザー率が高い日本だからこそ、iPhoneのミラーリングができれば喜ぶユーザーは多いと思うのですが…。

ミラーリングも含めたディスプレイオーディオへの映像入力を望む人は、iPhoneユーザーに多いと思いますが、その悲願をかなえてくれる心強い味方が、東京オートサロン2022会場・北館9ホールのビートソニックブースです。

クルマの中で楽しむ映像・音声関連機器の販売を主力にするビートソニック(愛知県日進市)から、最新ハリアーのT-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステムでの映像入力を可能とするアダプター「HVXT02」が発売されました。

発表日は、東京オートサロン2022の初日、2022年1月14日(金)。

ブースに展示されるハリアー

ブースには、この「HVXT02」を接続した、T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム付ハリアーが誇らしげに展示されていました。

ビートソニックは、T-Connectナビへの映像入力を可能とするアダプターを販売していますが、アルファード/ヴェルファイアの「T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム」用のアダプター「HVXT01」は発売済みだったものの、まだハリアーの「T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム」用のアダプターは開発中でした。

同じトヨタの「T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム」でもアルファード/ヴェルファイア用とハリアー用とでは内部システムに違いがあり、アルファード/ヴェルファイア用の「HVXT01」は適合しそうでしなかったのです。

「新型ハリアーのT-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム用のアダプターはないのか」という、新型ハリアーオーナーからの問い合わせがずいぶん多かったとのことですが、今回、満を持しての「HVXT02」発表です。

この写真を見て「おっ」と思う現行新型ハリアーのオーナーは多いことだろう

スタッフの方と早速ハリアーに乗り込みます。「HVXT02」の売りはiPhoneのミラーリングができるほか、Amazon Fire TV Stickの接続で「YouTube」「Amazonプライムビデオ」「Netflix」「hulu」といった動画サービスが得られること、そしてDVDプレイヤー、ゲーム機などの外部機器を接続して純正ナビ画面に映すことができることです(これは「HVXT01」も同様)。

いずれもHDMI端子による接続なので高画質な映像、画像を楽しむことができます。

この「HVXT02」は、映像を映し出すだけではありません。ブース展示車のハリアーは、12.3インチの高精細モニター装着車。一般のナビでも見かける、映像サイズが標準タテヨコ比となる「Normalモード」、横長モニター左右いっぱいにまで引き伸ばした「Fullモード」がありますが、「Normal」では左右の余白が目に付き、「Full」は人物が不自然な姿になってしまいます。

この見た目を解消すべく、「Noaml」と「Full」の中間の「Broadモード」を設定。これは左右の黒エリアをほどほどに残し、かつ不自然感がない程度にまで画面を広げるモードで、ビートソニックオリジナルの画面モードです。

本来は空調吹出口下の「HOME」ボタン(黄色○内)だけで機能を完結させる予定だったという

もうひとつの親切機能は、ハンドルスポーク右側の「TUNE・TRACKスイッチ」で、地図画面と入力した映像画面を切り替えることができるようにしたことです(HVXT02を接続したときに「オーディオソース選択」画面に現れる「AUX」を選択時)。

この切り替えロジックは、もともと空調吹出口下にある「HOME」スイッチだけに与える予定だったそうですが、開発中、たまたまハリアーのステアリングスイッチが通信式だということが分かったそうです。

HVXT02ユニットは、このあたりの内部に潜んでいる

HVXT02の接続前と後とで、乗員からの見てくれに変化はありません。ユニットはナビ画面周辺をバラし、現れるナビユニット筐体の上部あたりに取り付けるだけとのこと。

やりたくても端子がなければあきらめるのが普通の映像入力ができるようになった…不可能を可能にするという大仕事をやってのける割には裏方に徹しています。インストルメントパネル上面側内部に収められるため、後付け感丸出しになる心配はまったくないのです。

新型ハリアーの映像入力を望む声はトヨタ販売店にも多くあったようで、この「HVXT02」の登場は販売店も歓迎しており(販売店でさえ、ビートソニックのアダプターシリーズを知らない方が多数いたらしい)、今後、トヨタディーラーでの扱いを拡大していくとのこと。

もちろん、トヨタ販社の他、カー用品店でも販売、取り付けが行われ、接続はナビと「HVXT02」の間にコネクターを挟むだけなので、ナビ周辺をバラす腕のあるDIY派なら自分で取り付けることもできます。

ハリアー専用となるHVXT02の説明パネル

価格は7万1500円(税込)。「なかなかのお値段ですが?」と聞くと、担当の方は「ハリアーのT-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステムのオプション価格がもともと高価なのでそれほどの抵抗はないらしい」とのこと。

なるほど、調べたらハリアーのT-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステムのメーカーオプション価格は税込み72万1600円。これほどの価格なら、HVXT02が7万円あまりの価格でも高価とは思わなくなってきます。

トヨタディスプレイオーディオ全車標準化の流れは、現行のカローラ、クラウンで始まりました。以降、他のトヨタ車にも順次展開しながらいまに至りますが、残念ながらこのディスプレイオーディオにCDやDVDのプレーヤー機能はありません。

いまどきのユーザーは、音楽を取り込んだUSBを接続して聴くと想定してのことのようですが、実は従来のCD、DVDプレーヤーを望む声も少なくないのです。

ブースに展示されているGRヤリス

しかし、見映えよくガッチリ車両に据え付けられたディスプレイオーディオを見れば、あきらめるしかなさそう…ここでもあきらめなかったのがビートソニックです。同社では、トヨタ純正ディスプレイオーディオをディーラーオプションナビに取り替えるためのサウンドアダプター「SLX-72R」を販売中。トヨタディーラーものだけかと思いきや、カー用品店で売っている市販ナビに変換する「SLX-73R」もある。

さらには、さきの「HVXT02」同様、JBLスピーカー付きのディスプレーオーディオを市販ナビに置き換えるアダプター「SLX-74」を開発中で、ビートソニックブースには、この「SLX-74」で市販ナビを取り付けたGRヤリスを展示していました。

ブース展示のGRヤリスの車内には、あるはずのない社外ナビが!

GRヤリスは3機種あり、全車ともディスプレイオーディオが標準装備ですが、最上級のRZハイパフォーマンスにはJBL8スピーカーがセット、中間のRZとRSが単なる2スピーカーですが、RZはRZハイパフォーマンスと同じスピーカーがオプションで選ぶことができる…いずれにしてもディスプレイオーディオと縁を切ることはできず、従来のナビに手を伸ばすことはできるはずがありません。なのに車内を覗き込むと、おおっ! GRヤリスでは見られるはずのないオーソドックスなナビが!

純正ナビのオーディオ、特に最近のディスプレイオーディオは端子数が減り、自分好みでグレードアップする余地が少なくなっている機種が多くなっています。

機能は多くても、ユーザーにとって便利なのか不便なのかよくわからないのが実情で、これまでのオーソドックスなナビを希望するユーザーが多そうなことが想像できますが、クルマの製造段階できれいに収められたナビを見れば、あきらめるユーザーが大多数なことも想像がつきます。

ここであきらめず、出来なさそうなことにあえて挑み、ユーザーがあきらめていたことを実現してみせてくれるものが多いのがビートソニックの製品群です。いまのところほぼトヨタナビに限定していますが、いずれは対象を広げ、トヨタ車はもとより、ナビ関連で不便を抱いているトヨタ車以外のユーザーにも強い味方となってくれるでしょう。

(文/写真:山口尚志)

【関連リンク】

ハリアーT-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム用デジタルインプットインターフェイス「HVXT02」 サイト
https://www.beatsonic.co.jp/di/hvxt02.php

トヨタ純正ディスプレイオーディオ用サウンドアダプター「SLX-72R」 サイト
https://www.beatsonic.co.jp/adapter/sla/slx-72r.php

ビートソニック ホームページ
https://www.beatsonic.co.jp/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ