東京国際カスタムカーコンテスト2022の受賞車を見てきた!インポートカー部門編【東京オートサロン2022】

コラム Clicccar

東京オートサロン2022の出展車両の中から、来場者の投票によってNo.1カスタムカーを決定するのが「東京国際カスタムカーコンテスト」です。各部門ごとに優秀賞2台、最優秀賞1台の計3台が選出され、最終日の1月16日(日)にトロフィーと記念の盾が贈られる表彰式が行われました。

東京国際カスタムカーコンテスト2022では、8つの部門が設定され、選出されたクルマたちは魅力的なものばかりです。今回はその中からインポートカー部門の受賞車を見ていきましょう。

ドイツのチューナーであるNOVITECが、世界限定15台生産したF8 N-LARGOのうちの1台です。ベースはフェラーリF8Tributo。

F8 N-LARGO

ワイドボディキットは全てカーボン製で、塗装してある部分とカーボン地肌を見せている部分でデザイン的にメリハリをつけています。

F8 N-LARGO

リアスポイラーはダックテールタイプ。リアのディフューザーとの相乗効果でダウンフォースを生み出します。

F8 N-LARGO

NOVITEC NF10NLハイテク鍛造ホイールは、前後ともに22インチでリアは12Jというとんでもないサイズで、アメリカのVossen社と共同開発したもの。

最高出力は602kW/ 818PSで、0-100km/hはわずか2.6秒。最高速度は時速340km/hを超えるとのこと。東京オートサロン2022でのプライスタグは9980万円!

ランボルギーニ アヴェンタドールが迫力たっぷりながらエレガントになったのが、Aventador EARTH VE01。

Aventador EARTH VE01

フロント周りはボンネット以外全てオリジナル製作で、フェンダーとバンパーはFRP、フロントスポイラーはウェットカーボン製。

サイドスカートからリアフェンダーへと流れるラインは美しく、しかしその張り出しの迫力は圧巻です。

また、派手なリアウイングを避けてダックテールタイプのスポイラーでまとめているところもエレガントな雰囲気を醸します。

乗る人もドレスアップしようと思える、そんな優美な一台と言えるでしょう。

ランボルギーニ アヴェンタドールをベースとしながらも、EARTHとは全く逆のアプローチ、ワイルドでレーシーな雰囲気となっているのが、リバティーウォークのSilhouette WORKS GT EVOです。

Silhouette WORKS GT EVO

アウターパネルは、ルーフもドアも含めてすべてがドライカーボン。そんなドライカーボンで出来上がったワイドボディーは、言いようのない凄みを感じます。

Silhouette WORKS GT EVO

リバティーウォークのトレードマークともいえるリベット打ちは無く、カスタムカーというよりもコンプリートマシンのようにも見えます。

Silhouette WORKS GT EVO

このドライカーボンボディキットは、単体でも2000万円弱という税込み価格。FRPバージョンも含めて世界限定20台分というところもレア度を増しています。

(写真・文:松永 和浩

【関連リンク】

東京国際カスタムカーコンテスト・グランプリ投票
https://www.tokyoautosalon.jp/2022/contest/grandprix

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ