ヒュンダイの次世代EV・4ドアクーペ『アイオニック6』、量産型で585馬力は実現するのか!?

コラム Clicccar

ヒュンダイが現在開発中の次世代フルエレクトリック・4ドアクーペ「アイオニック6」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ヒュンダイ アイオニック6 市販型プロトタイプ

アイオニック6は、2021年に公開された「プロフェシー・コンセプト」の量産型となります。

コンセプトモデルではEV専用プラットフォーム「E-GMP」を採用、800Vの高性能システムを持ち、最高出力585psというハイスペックが売りでしたが、果たして量産型に反映されるのでしょうか。

ヒュンダイ アイオニック6 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプは、厳重なカモフラージュによりディテールは不明です。

しかし、コンセプトに触発された曲線的なフロントバンパーやヘッドライトは継承されている様子がうかがえるものの、スーサイドドアや、デジタルサイドミラーが従来のものに変更されています。

量産型では、バッテリーパックやトランクにより多くのスペースを必要とするため、フロントとリアオーバーハングが長くなっています。

側面側はカバーで隠されていますが、フラッシュドアハンドルを採用するとみられ、後部では、バックブレーキカメラが統合されたスポイラーの輪郭、コンセプトモデルで見られたドットマトリックスパターンのスリムなLEDテールライトの一部が確認できます。

ヒュンダイ アイオニック6 市販型プロトタイプ

量産型でもコンセプトモデル同様に「E-GMP」プラットフォームに搭載され、航続距離は483km(300マイル)を目指すため73kWhバッテリーパックを積みます。

パワートレインは2グレードとみられ、1つは最高出力218psを発揮するシングルモーターによる後輪駆動モデル、もう1つは最高出力313psを発揮するデュアルモーターパワートレインモデルで、残念ながらコンセプトモデルの585psは量産型で実現しないと予想されます。

しかし、将来的にハードコア「N」ブランドにより、設定が期待できるかもしれません。

アイオニック6のワールドプレミアは2022年後半で、市場ではポルシェ「タイカン」らと争うことになります。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ