MINIの高速SUV「クロスオーバー S」次期型、PHEVは322馬力へ

コラム Clicccar

BMW・MINIブランドが現在開発を進める「クロスオーバ(海外名:カントリーマン)」に設定される高性能モデル、「クーパーSクロスオーバー」市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

MINI クーパーS クロスオーバー 次期型プロトタイプ

ミュンヘン市街地とニュルブルクリンクで捉えた開発車両は、カモフラージュが分厚くデザイン詳細は不明です。

しかし、フロントグリルの中央に大きなセンサーを配置、円形ヘッドライトの一部が見てとれます。

後部にはデュアルエキゾーストシステムを装備。足回りには強化ブレーキ、ハードサスペンションを搭載。

給油口に「98オクタン」(欧州では96オクタン以上がプレミアハイオク)のステッカーが貼られていることなどから、このプロトタイプが高性能「クーパーSクロスオーバー」であることがわかります。

MINI クーパーS クロスオーバー 次期型プロトタイプ

クロスオーバー次期型は、BMW「X1」新型の「FAAR」プラットフォームを流用、「S」グレードはBMW「M35i」とパワートレインを共有します。

このエンジンは2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーで、最高出力は302ps・最大トルク322Nmを発揮します。

本丸はプラグインハイブリッドバリアントで、1.5リットル直列3気筒ターボチャージャーエンジンと電気モーターを搭載し、最高出力は322psを発揮、EV航続距離は55マイル(88km)に達します。

MINI クーパーS クロスオーバー 次期型プロトタイプ

キャビン内では、ダッシュボード中央に現行型とは異なる突き出た巨大なフローティング・ラウンドスクリーンを配置、円形のタッチスクリーンは、小さなデジタル・インストルメントクラスターと、ヘッドアップディスプレイを操作します。

その下には、いくつかのボタンとトグルスイッチ、右側には現行モデルの縦型と異なる水平基調のレジスターが配置されています。

MINIクロスオーバー次期型のワールドプレミアは2023年初頭と予想されており、ドイツのライプツィヒにあるBMWグループの工場でBMW「X1」とともに生産されます。

また、派生モデルとしてEV専用クーペを計画しているとも噂されており、現在はラインアップから外れた「ペースマン」の名を復活させる可能性があるようです。

 (APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ