BMW iX M60発売。前後2モーターでトータル455kW/1015Nmを誇るモンスターEV

コラム Clicccar

2022年5月24日に設立50周年を迎えたBMW M社。ビー・エム・ダブリューは、この記念日にバッテリーEVのBMW iXに「BMW iX M60」を追加し、発売しました。「iX M60」は、BMWの次世代バッテリーEVであり、SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)に分類される「iX」のトップモデルです。

「BMW iX M60」のエクステリア

「M」の名が付くとおり、「iX M60」は、スペックからも非常にパワフルな走りであることが分かります。最高出力258PS(190kW)を発揮するモーターを前輪に、最高出力489PS(360kW)に達するモーターが後輪に配置された4WDになります。システムトータルでの最高出力は619PS(455kW)、最大トルクは1015Nm(スポーツモードでは1100Nm)に達します。0-100km/h加速は、わずか3.8秒でクリアするなど、スポーツカー顔負けの発進加速性能を実現。

BMW iX M60のリヤビュー

ボディ床下に搭載されるリチウムイオン電池の総エネルギー量は111.5kWhで、一充電あたりの航続距離は、615kmとなっています。大容量バッテリーを搭載する一方で、バッテリーEVで求められる家などでの充電はそれなりに時間がかかるようです。普通充電と急速充電(CHAdeMO規格)に対応し、前者は自宅で6.4kWの「BMWウォールボックス(200V/32A)」を使うと、約19.5時間で、充電開始時0%の状態から100%まで充電することができます。通常0%にまでなることはないとはいえ、満充電までは時間がかかります。

一方の急速充電(CHAdeMO)は、現在主流の90kW充電器を使うと約75分で、0%から約80%までの充電が完了します。さらに10分間の急速充電で最大約80km程度の航続距離を確保することができます。加えて、BMWの店舗に設置される予定の150kWの急速充電器を使うと、約60分で0%から約80%までの充電が完了し、10分間の急速充電でも最大約130km程度の航続距離を確保。

「BMW iX M60」のインパネ

そのほか、4輪アダプティブエアサスペンション、前後輪統合制御ステアリングシステムの「インテグレイテッド・アクティブステアリング」、「ヒート・コンフォート・パッケージ」、先進安全装備の「ドライビングアシストプロフェッショナル」などが備わり、スポーティかつ快適な走り、高い安全性でドライバーや乗員を迎えてくれます。

●ボディサイズ:全長4955×全幅1965×全高1695mm
●価格:1740万円

塚田 勝弘

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ