第3戦鈴鹿のGT500予選はWedsSport ADVAN GR Supraが2戦連続ポールポジション【SUPER GT 2022】

コラム Clicccar

5月28日(土)、29日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで開催の2022 AUTOBACS SUPER GT第3戦「たかのこのホテル SUZUKA GT 300km RACE」。5月28日は公式予選が行われました。

CRAFTSPORTS MOTUL Z

15時28分にスタートしたGT500の予選Q1。

午前中のフリー走行でトラブルに見舞われた38号車 ZENT CERUMO GR Supraの修復が間に合わず、予選参加を断念。そのためQ1は14台の参加により10分間で争われました。

ZENT CERUMO GR Supra

開始2分後あたりから各チームがコースインし、2周のウォーミングラップでアタックを始めます。

前戦の第2戦富士決勝でクラッシュし、マシンをほぼすべて組み立てなおして鈴鹿に臨んだ3号車 CRAFTSPORTS MOTUL Z。タイムアタックで叩き出した1分44秒230は、2018年から更新されていないコースレコードを更新してのトップタイムとなります。

CRAFTSPORTS MOTUL Z

1分44秒台はその後も記録されますが、CRAFTSPORTS MOTUL Zのタイムを抜くことはできず、このままCRAFTSPORTS MOTUL ZがQ1をトップ通過。

DENSO KOBELCO SARD GR Supra

2番手は39号車 DENSO KOBELCO SARD GR Supra、3番手は37号車 KeePer TOM’S GR SupraとGRスープラ勢が続き、14号車 ENEOS X PRIME GR Supraと未出走のZENT CERUMO GR Supra以外のGRスープラは、全車Q2進出となります。

カルソニック IMPUL Z

またNISSAN Z勢はほかに12号車 カルソニック IMPUL ZがQ1突破しています。

GT300クラスのQ2を終え、GT500クラスのQ2は16時06分から10分間で行われました。

CRAFTSPORTS MOTUL Z

CRAFTSPORTS MOTUL Zが速さを見せ、Q1のトップタイムには及ばなかったものの、1分44秒425でトップ。そして17号車 Astemo NSX-GTが追いかけますが、CRAFTSPORTS MOTUL Zには届かず、これで決まりかのように思われました。

WedsSport ADVAN GR Supra

しかし、そのチェッカーラップでとんでもないタイムアタックを決めたのが、前戦富士でもポールポジションを獲得した19号車 WedsSport ADVAN GR Supra。

WedsSport ADVAN GR Supra

国本雄資選手はQ1でCRAFTSPORTS MOTUL Zが出したコースレコードをさらに縮めた1分44秒112という驚愕のタイムでトップに浮上。また、一度アタックを失敗しながらも再度のアタックにチャレンジした37号車 KeePer TOM’S GR Supraの宮田莉朋選手もコースレコードとなる1分44秒269で、2番手。

これまで鈴鹿が苦手だったGRスープラ勢が予選ワン・ツーとなりました。

KeePer TOM’S GR Supra

WedsSport ADVAN GR Supraは初の2戦連続のポールポジションで、国本選手はGT500クラスでは10年目にして自身で獲った初の予選1位となりました。

ポールポジションをもぎ取った国本選手

予選2位KeePer TOM’S GR Supra、3位はCRAFTSPORTS MOTUL Z、4位には16号車 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTとなり、ヨコハマ、ブリヂストン、ミシュラン、ダンロップと、タイヤ4種がポジションを奪い合う壮絶な予選となりました。

ポールポジションを喜ぶWedsSport ADVAN GR Supraのドライバーと監督

5月29日(日)の決勝レースはもっと気温が上がると予想され、過酷なレース展開が予想されます。そんな決勝レースは14時30分にスタートします。

順位 ゼッケン 車名 ドライバー タイム
1 19 WedsSport ADVAN GR Supra 国本雄資 阪口晴南 1’44.112 R
2 37 KeePer TOM’S GR Supra サッシャ・フェネストラズ 宮田莉朋 1’44.269 R
3  3 CRAFTSPORTS MOTUL Z 千代勝正 高星明誠 1’44.425
4 16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 笹原右京 大湯都史樹 1’44.457
5 17 Astemo NSX-GT 塚越広大 松下信治 1’44.653
6 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 関口雄飛 中山 雄一 1’44.925
7 12 カルソニック IMPUL Z 平峰一貴 ベルトラン・バゲット 1’45.662
8 36 au TOM’S GR Supra 坪井 翔 ジュリアーノ・アレジ 1’46.137
9 14 ENEOS X PRIME GR Supra 大嶋和也 山下健太 1’45.219
10 24 リアライズコーポレーション ADVAN Z 佐々木大樹 平手晃平 1’45.293
11 64 Modulo NSX-GT 伊沢拓也 大津弘樹 1’45.293
12 23 MOTUL AUTECH Z 松田次生 ロニー・クインタレッリ 1’45.360
13 100 STANLEY NSX-GT 山本尚貴 牧野任祐 1’45.360
14 8 ARTA NSX-GT 野尻智紀 福住仁嶺 1’45.640
- 38 ZENT CERUMO GR Supra 立川祐路 石浦宏明 出走せず
※ R:コースレコード(従来のレコード 1’44.319)

(写真:吉見 幸夫、松永 和浩/文:松永 和浩

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ