ルノー「カングー コンビスペース」にロング7人乗りを設定へ

コラム Clicccar

ルノーのMPV『カングー』の派生商用バン『カングー コンビスペース』に、より大型の7人乗りバージョンが発売されることが確定。その市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

ルノー カングー コンビスペース 7人乗りプロトタイプ

第3世代となる現行型カングーは2021年に発売されたばかりの新型モデルで、日産「タウンスター」や、メルセデス・ベンツ「シタン」とは兄弟モデルとなっています。

現在は5人乗りのMPVとして発売されていますが、7人乗りは、より実用性を高めた上級モデルとして期待されます。

ルノー カングー コンビスペース 7人乗りプロトタイプ

市販型では、5人乗り同様にフロントドアとリアスライドドアを備えています。しかし、ホイールベースのストレッチにより、3列目のシートをカーゴエリアにすることも可能です。

5人乗りバンでは最大3,500リットルの積載スペースを提供しているので、後部2列が折りたたまれれば、かなりの空間が出現することになります。

パワートレインは、5人乗りのカングーのものを広く反映している可能性があり、1.3リッターの4気筒ターボ付きガソリン、または1.5リッターのディーゼルエンジンを選択できます。最高出力は100ps、130psのガソリンエンジンと、75psから115psの範囲の3つのディーゼルエンジンからセレクト可能です。

また近い将来、フルエレクトリックも設定される可能性が高いといいます。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ