1973年の名車をオマージュ。BMW・M社50周年に超ド級スーパーカーを計画

コラム Clicccar

先日BMW「M」のボス、フランシスカス・ファン・ミール氏が「M4 CSL 3.0オマージュ」のティザーイメージをTwitterで公開しましたが、そのプロトタイプをカメラが捉えました。

BMW M4 3.0 CLSオマージュ 開発車両

6月23日には、「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にてベースとなる「M4 CSL」新型モデルが出走したばかりです。

CSL」は「Coupe Sport Lightweigh」の略で、BMW「M」2ドアクーペの頂点に位置するモデルであり、同社最後のCSLは2004年の「M3 CSLクーペ」が最後となっています。

BMW M4 3.0 CLSオマージュ 開発車両

また「3.0 CSL」は、1973年にヨーロッパツーリングカー選手権で初優勝を遂げた伝説のモデルですが、今回、生誕50周年を迎えるにあたり、オマージュモデルが開発されています。

捉えたプロトタイプからは、M4 CSLと差別化されたデザイン変更が見てとれます。3.0 CSLオマージュではコンパクトになったキドニーグリルを採用、ヘッドライトを初め、フード、バンパーのデザインが変更されているようです。

詳細を見るとナンバープレートで覆われたアグレッシブなエアインテークを備えるバンパー、その外側には冷却システムに空気を供給するとみられる丸い吸気口が配置されています。

後部では、ルーフスポイラーと固定された巨大リアウィングを装着、M3/M4よりスリムな専用LEDテールライト、クワッドエキゾーストパイプを収納する新設計のディフューザーも確認できます。

BMW M4 3.0 CLSオマージュ 開発車両

パワートレインは、3.0リットル直列6気筒ツインターボエンジンをブーストアップし、最高出力608ps・最大トルク700Nmを発揮します。ZF製8速ギアボックスを介して後輪に動力を供給すると見られますが、後部ステッカーには「6MT FTW」と書かれており、6速マニュアルを示唆しています。

また3.5秒で時速100km/hに到達、最高速度は200マイル(320km/h)とスーパーカークラスのパフォーマンスを持ちます。

M4 3.0 CSLオマージュ市販型の発売は2022年内とみられ、その価格は6,000ユーロ(約8,600万円)とかなり高額な価格設定が予想されています。オプションや税金を入れると1億円を超えてきそうですが、M社50周年を祝うにふさわしい新型モデルとなりそうです。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ