新型「シビックタイプR」が空力を進化させた2ドアクーペになったら…を大予想

コラム Clicccar

ホンダは7月21日、主力モデル「シビック」の頂点に君臨する「シビックタイプR」新型をワールドプレミアしましたが、その2ドアクーペバージョンを大予想しました。

ホンダ シビックタイプR 新型

新型タイプRでは、最新のデザインアイデンティティ「Ultimate SPORT 2.0」を導入、スーパースポーツサルーンとして新たな進化を見せています。

エクステリアでは、超攻撃的な吸気口など「FK8」のワイルドなスタイリングを抑えめにしていますが、空力性能を向上させるなど、洗練された走りを特徴としています。

ホンダ シビックタイプR 新型

タイプR新型は5ドアハッチバックですが、お馴染み「X-Tomi Design」に協力を得たのはその2ドアクーペバージョンです。

後部ドアを削除し、ルーフラインが少し下げられ、先代より抑え気味のデザインが、よりスポーティなルックスへと進化しています。

タイプR新型のスペック詳細はまだ明かされていませんが、「圧倒的な速さ」を追求する2.0リットル直列4気筒「VTECターボ」エンジンを搭載。6速マニュアルトランスミッションと組み合わされ、最高出力320ps・最大トルク400Nmがさらに向上していると予想され、2ドアクーペが登場すれば、より空力が進化するはずです。

新型はガソリンエンジンのみの最後のタイプRと噂されていますが、その最後を2ドアクーペで飾っていほしいものですね。

(APOLLO)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ