欧州市場でVW、ルノー、トヨタの回復傾向が顕著に!

コラム Clicccar

経済低迷で長らく前年割れが続いていた欧州自動車市場ですが、ACEA(欧州自動車工業会)のまとめによると、11月の新車販売台数は97.5万台(前年同月比+0.9%)と、9月以降、3ヵ月連続で前年増に転じており、ようやく長いトンネルを抜け出しつつあるようです。

(欧州新車販売 ブランド別 ランキング)

1-11月の年間販売累計(上表右側)ではまだ前年割れしているものの、全体では9月度が‐16.8%、10月度が‐9.2%、11月‐2.8%と確実に快方に向かっている状況。

11月度のランキング上位ではVW傘下のシュコダ(SKODA)の回復が著しく、セアト(SEAT)と共にVWグループの業績を押し上げている状況。

VWグループ全体(アウディ、ポルシェ他含む)では25.6万台(前年比+3.2%)となり、ダントツで首位を独走中。通年では284万台を販売しており、市場シェアは25%で前年比+0.1ポイント↑。

2位はPSAグループ(プジョー、シトロエン)の10.4万台(同‐1.2%)で、通年では124万台を販売。市場シェアは10.9%で前年比‐0.9ポイント↓。

3位はルノーグループの9万台(同+8.9%)で傘下ダチア(DACIA)の大幅な伸びに支えられ、通年で99.7万台を販売。市場シェアは8.8%で前年比+0.4ポイント↑。

4位はGMグループ(オペル、シボレー含む)、5位フォード、6位BMWグループ(MINI含む)、7位フィアットグループ(ランチャ、アルファロメオ、ジープ含む)、8位ダイムラー(メルセデス、SMART)と続きます。

日本勢ではトヨタ(レクサス含む)が9位につけており、11月度は4.3万台(前年比+6.9%)、通年では50万台を販売。市場シェアは4.4%で前年比+0.1ポイント↑。

日産が10位、スズキ14位、MAZDA15位、ホンダ16位、三菱18位と続きます。

スズキ(+15.8%)やMAZDA(+30.9%)、三菱(+54.6%)が顕著な回復傾向を示している一方で、ホンダ(‐4%)がまだ販売減が続いており、気になるところ。

以上のように、全体としては秋口からようやく欧州の新車販売にも薄日が射して来た状況と言えそうです。

〔関連記事〕
メルセデス・ベンツがネット販売をスタート!
http://clicccar.com/2013/12/08/239708/?

トヨタが1-9月の世界販売でGM、VWを抑えて首位を維持 !
http://clicccar.com/2013/11/02/234877/?

華やかなジュネーブモーターショーの裏側でいっそう厳しさを増す欧州新車市場 !
http://clicccar.com/2013/03/12/215016/?

欧米に於ける2012年度の日本車販売番付はこうなっている !
http://clicccar.com/2013/01/24/211456/

経済低迷で深刻さを増す欧州カーメーカーが目指す活路とは
http://clicccar.com/2012/09/20/199130/

Avanti Yasunori

【画像ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】http://clicccar.com/?p=241825

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ