スズキ・ハスラーのローダウン版がもう登場【東京オートサロン2014】

コラム Clicccar

スズキブースのみどころは、やはりハスラーのカスタマイズバージョンでしょう。

スズキみずから「遊べる軽」とうたう、アウトドアが得意なポップなキャラクターを持つ、ハスラー。

今回スズキが出品したのは、ノーマルのハスラーの素性とは真逆をいくコンセプトの、「ハスラー・カスタマイズド」です。

オールラウンダーをイメージさせていたフロントバンパーは、グリル〜フェンダー一体型のデザインへとチェンジ。
全高はしっかりとローダウンされ、リップスポイラー、ルーフエンドスポイラーを備えた、ユーロレーサー的フォルムに変貌しています。内装は、エアバッグ付きステアリングを取り払い、スパルコのコンペティションタイプに交換されています。

ハスラーは、かつてのモデル、keiの後継車ともいわれてますから、スポーツグレード「keiスポーツ」をリスペクトしているともいえます。

また、石原軍団オフィシャルマシン、スペーシアカスタムには「S-CONCEPT」と呼ばれるドレスアップバージョンも展示されています。ボディサイドには堂々と「ユーロスポーツ」と謳われる、こってりとしたエアロチューンです。

年数を経たモデルではなく、出たばかりのニューモデルでも、メーカーみずから容赦なく(?)新しい提案を見せてくれるスズキブースでした。

(kaizee)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ