『ラッシュ/プライドと友情』に興奮!主演陣がニコ生に?! 吹替えはKinkiKids

コラム Clicccar

サーキットでレースを見た事のある人はどれくらいいらっしゃるでしょうか。回りにやってる人がいる、友達に誘われるとかのきっかけがないとなかなか行けないのがサーキット、レースではないでしょうか。

そんな状況を吹き飛ばすようなエネルギーの詰まった映画が公開されます! 2月7日(金)から全国ロードショーとなる『ラッシュ/プライドと友情』です。

70年代のF1黄金時代。刹那的な天才のきらめきを見せるジェームス・ハント。無骨で緻密、硬派にドライビングを追求するニキ・ラウダ。2人の伝説のF1ドライバーのライバル関係を軸に物語は進みます。やがて、ラウダを襲う大事故。生死の境をさまよい、大火傷を負いながらも、彼はサーキットに戻り・・・。

と、ストーリーはまさにノンフィクション。その当時の緊迫感やモータースポーツの盛り上がりがビシビシ伝わってきます。

「レースとオカネ」の切ない関係や、現在と比べると殺風景な「富士スピードウェイ」の様子。これぞレーシングドライバー!というようなハントの放蕩っぷり。そして、今よりだいぶ野性的で危険にさえ見える40年近く前のマシン達。

モータースポーツファンの方々にはたまらないディテールがそこここに盛り込まれています。

しかしながら、私はこの映画「モータースポーツ?クルマが走ってるの見て何が楽しいの?」という方にこそおススメしたい! 私自身クルマの知識はからっきしですが、本当に!掛け値無しに!仕事抜きで!! すごく楽しみました。

この映画には、レースの魅力というものが、とても分かりやすく表現されているんです。

まずドラマの面白さ。

ただクルマが走ってるだけじゃない、人の思い、あまりにも苛烈な命のあり方がスピーディーに展開します。

そして、走りの迫力。

振動・音・熱。何故かサーキットで見るのを上回るド迫力を感じられ、背筋と腹にグッとくる!ぜひ映画館でご覧になるのをおススメします。

最後に、レースの熱狂。

全ての執着、血と汗、極限まで高まった緊張がアスファルトの熱に蒸発し、一瞬の熱風にかわるようなレースの興奮。言葉にしがたいあの感覚が、とても近く感じられる映画なんです。

絶対!サーキットに行きたくなります。

おっと。ちょっと熱くなっちゃいましたが、イケメン!イケメンが出ますから。

主演は『アベンジャーズ』のクリス・ヘムズワース、『イングロリアス・バスターズ』ダニエル・ブリュール。そのイケメン2人がなんとニコニコ生放送に出演との情報が!・・なんでもグランツーリスモ6もやるらしいんですが・・。

まじですか。豪華すぎです。

その豪華放送の内容は記事の最後に!

さらにイケメンつながりで、この映画の日本語版吹き替え、なんとKinKi Kidsのお二人が主役をつとめるそうです。そういえば堂本光一さんは、モータースポーツ好きで有名ですよね。

しかし、このあまりにも深く複雑な関係をコンビで演じるなんて、なんとなく緊張するのは私だけでしょうか。

日本語吹替版は特典も沢山とのこと↓↓

そして、お待ちかねニコニコ生放送は1月30日の19時30分から!詳細は以下です。
主演の2人に加えて、ロン・ハワード監督やレーシングドライバーの中野信治さんなど、出演者は超豪華!

個人的に、ホントにおススメできる映画です。みんなでニコ生でばっちり予習しましょう!

(くぼきひろこ)

<関連記事>
F1ドライバーの「夜の生活」が明らかに!http://clicccar.com/2013/10/11/233086/

F1が今よりもっと危なくて人間くさかった’70年代のドラマ。映画「RUSH」http://clicccar.com/2013/06/29/224168/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ