待望のノア/ヴォクシー・ハイブリッドの走りは?【ノア/ヴォクシー試乗記01】

コラム Clicccar

5ナンバーサイズを「基本」とするミドルサイズ・ミニバンでは初となる、本格的なハイブリッドを搭載したノア/ヴォクシー・ハイブリッド。セレナにはS-HYBRIDがありますが、モーター走行(EV走行)ができるわけではなく、セレナS-HYBRIDのJC08モード燃費は16.0km/L。

対して、プリウスと同じ1.8Lの「2ZR-FXEエンジン+モーター」のTHS2を搭載するノア/ヴォクシー・ハイブリッドは23.8km/L。なお、バッテリーはニッケル水素です。

ガソリン車でもセレナS-HYBRIDと同等の16.0km/Lも走りますので、セレナ危うしか!

今回の試乗コースは、クローズドコースで20km/hという制限があったため、狭い住宅街や渋滞時程度の速度でしたが、そろりと走り出せばEV走行が可能なのも、上り坂に差しかかるとエンジンが始動するのも確認できました。また、ブレーキフィールもその速度域なら不満点は当然ナシです。

バッテリー残量やエアコンの作動状況などによりますが、条件が良ければ距離は2kmくらい、約55km/hくらいまでEV走行でカバーでき、EV/エコ/パワーのモードスイッチがインパネに用意されています。

エンジンが始動すると純ガソリン仕様と走行フィールはほぼ同じですが、セレナS-HYBRIDと異なりEV走行が可能なので、早朝や深夜の住宅街では重宝しそうですし、モーター音や回生ブレーキの独得の音はしますが、車内が静かさに包まれるのも魅力。

ハイブリッドにするとEV走行時の静粛性が高まる分、騒音の対策も必要になってきますが、エンジンフードサイレンサーや高遮音性ガラスを専用装備するなど、騒音対策もガソリン仕様よりも念入りにされています。

また、ハイブリッドシステムインジケーターを備える専用メーターやエレクトロニックシフトマチックなども先進的なハイブリッドらしさを感じさせてくれます。

ガソリン車との価格差は単純比較で35〜40万円ありますが、同じグレードでもハイブリッドの方が若干高い装備が付いていますのでその差は縮まりますが、燃費だけで元を取るのは困難。それでも、ガソリン高だとついハイブリッドが気になるでしょうし、ハイブリッドの走行性や静粛性や先進性に魅力を感じるのであれば、買いだと思います。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ