増税前に乗り替えたい! 車種別の低燃費ランキング

コラム Clicccar

誰もが来て欲しくないと思っている2014年4月の消費増税。まだ先のことと思っていたら増税の足音がすぐ近くに聞こえてきました。

巷では駆け込み消費という言葉をよく聞きますが、不動産経済研究所などの統計データを見ると「不動産(戸建・マンションを含む)」を購入する人は昨年同様、多いそうです。さらに、「エアコン」「洗濯機」「冷蔵庫」などの家電商品を買え替える人も急増中。

さて、クルマも不動産の次に来る高額商品。増税前にぜひ乗り替えを検討してみてはどうでしょうか。「軽自動車」「ハイブリッド車」「ハッチバック」「ミニバン」「ステーションワゴン」「セダン」6つのジャンルを選択し、クリッカーおすすめの一台をピックアップしてみました。乗り替え検討中の方、参考にしてみてください。

■軽自動車 スズキ「アルトエコ」 35km/L 

テレビCMでは女優・ファッションモデルの香里奈さんが出演。価格は新車で購入しても100万円程度。お求めやすいですよね。リッター35km(2WD車)は驚異的な数字ですよね。まさに低燃費エコカーという言葉がぴったりなクルマですね。

■ハイブリッド車 トヨタ「アクア」 40km/L 

日本自動車販売協会連合会が発表している新車乗用車販売台数月別ランキングに常に上位にランキングされている「アクア」。毎月、販売台数のトップの座をかけてホンダの「フィット」と、トヨタ「アクア」が激しくしのぎを削っています。とにかくよく走ります。乗り心地がよく、運転が楽しくなるクルマです。

■ハッチバック マツダ「デミオ」 30km/L

近年はマツダのクルマ作りの技術を見直す動きが高まっています。特に、新世代技術の総称「SKYACTIV TECHNOLOGY」には業界関係者が注目しています。新型「デミオ」もマツダの技術を結集してできたクルマ。ハイブリッドでもないのに30km/Lという素晴らしい燃費を実現しています。

■ミニバン 日産 「キューブキュービック」 19.2km/L

残念ながら2008年に生産中止となってしまった日産 「キューブキュービック」。3列シート、7人乗のコンパクトミニバンとして注目されていました。エンジンは、直列4気筒1.4L(FF:98馬力/4WD:97馬力)と1.5L(109馬力)。中古市場ではまだまだ良質なクルマがゴロゴロしていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

■ステーションワゴン 日産 「ウイングロード」  20km/L

3代目のウイングロードの特長は、快適な室内空間。フルリクライニングが可能な運転席&助手席、 120mmのシートスライド&10段階のリクライニング機能を備えた後席の採用により、ゆったりと快適に過ごせる空間を実現。車中泊するなどアウトドア派にとって満足の一台となることでしょう。

■セダン 日産「ラティオ」  22.6km/L

ラティオはタイ産の逆輸入車。作りは、マーチをベースとする5ナンバーサイズのコンパクトセダン。水平基調のサイドビューや、大きなヘッドランプやグリルを用いたフロントス タイルなど、フォーマルなフォルムを採用。キャッチコピーは、大人の夫婦が旅するセダン。燃費も良く、ゆっくり快適に走りたいシニア層向けのクルマとなっています。

ただ、自動車の場合、登録するタイミングなどが関与しますし、それは各ディーラーでの在庫によるものが大きいです。増税前に購入できるかはご自身でディーラーに問い合わせてみて下さいね。

(関連記事)

●トヨタが日本では買えない低価格車「AGYA(アギア)」をフィリピン輸出!
http://clicccar.com/2014/02/08/246176/

●実用性が決め手!『女性が乗りたい軽自動車』5車種
http://clicccar.com/2014/01/30/243916/

●リッター35km超の低燃費! 価格は71万円の三輪自動車「エリオ」登場
http://clicccar.com/2014/01/16/244070/

(久保友宏)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ