フランス生まれのコンパクト、トヨタ「アイゴ」がフルモデルチェンジ

コラム Clicccar

ジュネーブモーターショー2014で、トヨタがAセグメントのコンパクトカー「AYGO(アイゴ)」のフルモデルチェンジを発表しました。

アイゴは、PSAと共同でフランスで生産する欧州専用モデル。兄弟モデルといえるプジョー108、シトロエンC1も、ジュネーブモーターショーにて新型が登場しています。

アイゴのデザイン・コンセプトは「J-Playful」。ジャパニメーションや音楽、ファッションなど日本の若者文化を消化、コンパクトカーに取り込んだということです。

エンジンは1.0リッター3気筒のガソリンだけのラインナップとなり、トランスミッションも5速MTを基本としているあたりも、欧州Aセグメントにターゲットを絞ったモデルらしいところといえそうです。

「x-wave」と名付けられたスペシャルモデルに、785mm×730mmの開口部を持つキャンバストップを採用しているのも欧州のトレンドに沿った仕様といえます。

インテリアでは7インチタッチスクリーンを扱いやすい位置に配した「x-touch」が特徴。ナビゲーションや各種SNSに接続するだけでなく、スマートフォンをミラーリングして操作することも可能となっています。

●新型アイゴ主要諸元
全長:3455mm
全幅:1615mm
全高:1460mm
ホイールベース:2340mm
車両重量:840-890kg
エンジン形式:直列3気筒DOHC
総排気量:998cc
ボア・ストローク:71.0・84.0mm
圧縮比:11.5
最高出力:51kW/6000rpm
最大トルク:95Nm/4300rpm
最高速度:160km/h
0-100km/h加速:14.2秒
燃料消費率:4.1L/100km(欧州複合モード)
二酸化炭素排出量:95g/km
トランスミッション:5速MT
タイヤサイズ:165/65R14<165/60R15>

シトロエンC1、プジョー108というベースを同じくする兄弟モデルと、また違った「J-Playful」な個性を持つ新型アイゴの登場です。

■関連記事
トヨタ「アイゴ」画像ギャラリー −クールジャパンな欧州専用コンパクト
http://clicccar.com/2014/03/05/248676/

プジョー「108」と「308SW」をワールドプレミア
http://clicccar.com/2014/02/21/247260/

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ