ベンツのハイブリッドは駐車時に熱を貯めて好燃費に

コラム Clicccar

メルセデス・ベンツS300 ブルーテック ハイブリッドに採用される「エコ・サーモ・カバー」がEU委員会の承認を受けたことがダイムラーより発表されました。

このアイデアは、エンジンルームをカプセル化することで駐停車時にも熱を逃がさないようにするというものです。

エンジンを切ると、その熱はどんどん放出されていきますが、メルセデス・ベンツの「エコ・サーモ・カバー」はラジエーターグリルに設けたシャッターを閉めるなどしてエンジンルームの熱をできるだけ保持、再始動した際に暖機を速めることでリアル・ワールドでの燃費改善につなげるテクノロジーとなっています。

「エコ・サーモ・カバー」は、いわゆるモード燃費には関係ないということですが、冷間始動時のロスを抑えることで実際の燃費を改善(CO2排出量を低減)するものとして、 今後注目の技術となりそうです。

■関連記事
メルセデスベンツ新型「Sクラス」画像ギャラリー 最新・最高のテクノロジーを満載
http://clicccar.com/2013/05/18/220042/

メルセデス・ベンツ新型「Sクラス」画像ギャラリー − 「最高の自動車」価格は1090万円のハイブリッドから
http://clicccar.com/2013/08/23/228687/

メルセデス・ベンツSクラス「最高の自動車」を目指し、日本上陸
http://clicccar.com/2013/08/23/228677/

ベンツの最上級Sクラスなのにリッター30km超!
http://clicccar.com/2013/08/22/228474/

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ