新型ミニは「ぶつからない」機能も備えたハイテク・ホットハッチ

コラム Clicccar

2014年4月、ついに4代目ミニの正規販売が始まります。 1.5リッター3気筒ターボのCooper(クーパー)で266万円から、2.0リッター4気筒ターボのCooper Sは318万円からというプライスタグは、プレミアム・コンパクトとして戦略的な価格ということです。

その新型ミニは数々の先進技術を搭載しています。とくに、前車接近警告機能、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)、アクティブ・クルーズ・コントロール、ヘッドアップ・ディスプレイなど、安全性に関する装備は充実しています。

高速道路などで クルーズ・コントロールを使っている際に、前走車の速度に合わせる「アクティブ・クルーズ・コントロール」はツーリングの疲労を軽減するだけでなく、高速でのアクシデントを防ぐ機能ともいえます。

また、ビデオカメラによる前方の認識は、 「前車接近警告機能」、「衝突被害軽減ブレーキ」としても活用されています。

電動でダッシュボード上に出てくる「ヘッドアップ・ディスプレイ」は、ドライバーの視界移動を最小限に抑えるもので、これも疲労軽減と安全運転につながるものです。

駐車アシスト機能も見逃せません。「リアビュー・カメラ」は車幅や予想進路を表示しますし、「パーキング・アシスト」は駐車可能なスペースを自動で検知、ステアリング操作を自動で行なうというものです(アクセル操作はドライバー)。

走りの面でも、ハイテクを感じることができます。「MINIドライビング・モード」は、アクセル・レスポンスなどのマシンセッティングを選ぶことができる機能。標準(ミッド)モード、スポーツ・モード、グリーン・モードと3モードが用意され、熱い走りをしたいならばスポーツ・モードがおすすめです。

グリーン・モードは名前の通り、燃費を重視したセッティング。このモードを選ぶと、AT車に関してはコースティング(巡航時にトランスミッションとエンジンを切り離してガソリン消費を低減する走行モード)を行なうということです。

 

■関連記事
新型BMW ミニ日本上陸! 4月12日発売、価格は266万円から
http://clicccar.com/2014/03/25/250268/

新型ミニ・クーパーは装備充実で実質価格を下げた!
http://clicccar.com/2014/03/25/250329/

新型MINIの気になる燃費は19.2km/Lでエコカー減税対象
http://clicccar.com/2014/03/25/250262/

新型BMW『MINI』画像ギャラリー モダンに洗練されたエクステリアデザイン
http://clicccar.com/2014/03/25/250297/

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ