ダイハツ・コペン、2014年6月発表!

コラム Clicccar

2013年の東京モーターショーにて「KOPEN(コペン)」として出展。2014年1月の東京オートサロンではカスタマイズバージョンの披露していた「KOPEN」が、ついに市販のアナウンスです。

発表予定は2014年6月、車名はおおかたの予想通り「COPEN(コペン)」となりました。

新型「COPEN」の特徴は、ボディのアウターパネルやインテリアパーツを自由に交換できる内外装着脱構造「DRESSFORMATION(ドレスフォーメーション)」にあります。

アウターパネルでも力を受け、面強度を利用する従来のモノコック構造ではなく、スポーツカーとして求められるボディ剛性を骨格のみで確保する新骨格構造「D-Frame(ディーフレーム)」を採用しています。これによって、着せ替え可能なオープン2シーターが実現させたということです。フレーム構造、モノコック構造をベースにした新しい概念の「D-Frame」に関するいくつかの情報も発表されています。

 

骨格を一体化して強くしていること、またアンダーフロアにはクロスメンバーが備わっていることも確認できます。こうしたボディは、初代コペンに比べ、上下曲げ剛性で約3倍、ねじれ剛性は約1.5倍となっているということです。

またボルト固定となるボディ・アウターパネルはすべて樹脂製で、ボディ全体としては850kgと軽量に仕上がっているともいいます。

エンジンは可変バルブタイミング機構付きのターボで、トランスミッションは5速MTとCVT(7速マニュアルモード付き)。燃費性能は、MTで22.2km/L、CVTで25.2km/Lになると見込まれています。

サスペンション形式は、フロント・ストラット、リヤ・トーションビーム。いずれも、コペン用にチューニングを受けたもので、また空力性能も初代コペンに対して向上しているということです。

■関連記事
「コペン」復活決定! ダイハツは軽自動車3種を初公開【東京モーターショー2013】
http://clicccar.com/2013/11/01/234592/

ナマ着替えシーンあり! 新コペンを旧コペンそっくりにするボディキット【東京モーターショー2013
http://clicccar.com/2013/11/20/237064/

歴代コペンに見る、着せ替え軽オープンへの進化とは
http://clicccar.com/2014/01/07/241978/

3台のKOPEN(コペン)どの色が好き?【東京オートサロン2014】
http://clicccar.com/2014/01/10/242874/?

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ