レクサス初のガソリンターボ車を北京モーターショーで公開

コラム Clicccar

2014年4月20日〜29日に中国・北京において開催される第13回北京モーターショーに、レクサスが新型コンパクトクロスオーバーSUVを出展することが発表されました。新開発2.0Lターボエンジンを搭載した「NX200t」と、2.5Lハイブリッドシステムをもつ「NX300h」の2グレードが登場する予定となっています。

この市販版とみられる「レクサスNX」は、2013年のフランクフルトモーターショーや東京モーターショーなどでお披露目されたコンセプトカー「LEXUS LF-NX」を進化させたものです。

レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVであると同時に、初のガソリンターボエンジン搭載車ともなります。

2013年の東京モーターショーには、そのエンジン単体と思われる展示もありましたが、横置き・水冷インタークーラーといった特徴からトヨタ車へ拡大も期待されるユニットとなっています。

また、レクサスとして初めてターボのブースト圧表示も備えているということです。いわゆるダウンサイジング過給エンジンとは異なる、パフォーマンスのアピールが期待される新エンジンといえそうです。

■関連記事
北京モーターショーで「LEXUS NX」を世界初公開
http://clicccar.com/2014/04/07/251420/

「レクサス NX」登場 ! 2014年1月発売か【フランクフルトモーターショー13】
http://clicccar.com/2013/09/13/230745/

トヨタが過給式FR用新エンジン生産をヤマハに委託 !
http://clicccar.com/2013/11/01/234591/

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ