4代目マツダ・ロードスターの「中身」を世界初公開

コラム Clicccar

2014年4月18日に開幕するニューヨークオートショーにて、マツダは「MX-5(日本名:ロードスター)」の次期モデルに採用する新開発「SKYACTIV(スカイアクティブ)シャシー」を世界初公開することを発表、同時にフォトデビューを果たしました。

エンジンとシャシーを組み合せたSKYACTIVテクノロジーとして初めてのフロントミッドシップエンジンと後輪駆動のレイアウト。ロードスター歴代モデルと比較して、最もコンパクトで、エンジンをさらに中央寄りに搭載しているということです。

公開されている画像からも、フロント・ダブルウィッシュボーン、リヤ・マルチリンクというサスペンション形式のほか、ミッションとディファレンシャルケースをつなぐ「パワー・プラント・フレーム」など現行モデルでのチャームポイントが受け継がれていることが確認できます。

さらに、現代的な衝突安全性能を確保しながら、車両重量は現行モデル比で100kg以上の軽量化を目指してるといいます。ハブは4穴の軽量を狙えるタイプとなっているのもライトウェイトスポーツの原点回帰といえそうです。

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ