BMW M4クーペ「ドイツツーリングカー選手権セーフティカー」で登場

コラム Clicccar

富士スピードウェイで開催されたスーパーGT第2戦で、日本でも一般公開されたBMW M4クーペですが、ドイツ本国では、DTM(ドイツツーリングカー選手権)のセーフティカーとして導入されます。

デビューの場は8月17日のニュルブルクリンクで、Mツインパワー・ターボ・テクノロジーと高回転特性をもつ最高出力431psの「シルキー6」は、ツーリングカー選手権のセーフティかーにピッタリです。

市販車のBMW M4クーペをベースに、リヤシートを取りはずし、ロールケージやレカロシートを装着。

サイレンサー排気システム、フロントスプリッター、ブラックフロントグリル、ミラーキャップ、ロッカーパネル、リヤディフューザー、リヤスポイラーなどを装備し、完成まで約2か月かかったとのこと。

DTMを先導するM4クーペは、そのブランドイメージを引き上げる先導役として期待がかかっています。

(塚田勝弘)

<関連記事>
BMW M4クーペ日本初公開http://clicccar.com/2014/05/03/254730/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ