ヴィッツに対抗!? 日産マーチ一部改良で商品力をアップ

コラム Clicccar

初代マーチは1982年登場ですから、すでに32年が経っています。現在の日産のラインナップでも古い車名で、日本を代表するコンパクトカーとして長年愛されているのはご存じのとおりです。

マイナーチェンジしたトヨタ・ヴィッツやトヨタ・パッソ、ダイハツ・ブーンなどへの対抗策かどうかは分かりませんが、5月19日に一部仕様変更し、同日に発売されました。

「S」をベースに内装色「プラム」を採用した新グレード「S PLUM interior(S プラムインテリア)」を追加。随所にシルバーフィニッシャーを配し、フロントのドアトリムを追加した質感の高いインテリアと、フロントバンパーロアグリルやアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施した上質感のあるエクステリアを組み合わせているのが特徴。

さらに後席には、6:4分割の可倒式シートが採用されています。

また、全車にVDCを標準装備して横滑り防止装置義務化に対応。ボディカラーは、新色の「カプリブルー・パールメタリック」と3コートパールの「ブリリアントホワイトパール」を含む全9色を設定。価格は113万7240円〜170万1000円です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ