VWゴルフ スポーツバンの日本登場はある!?

コラム Clicccar

今年で40周年を迎えたフォルクスワーゲン・ゴルフ。輸入車初の日本カー・オブ・ザ・イヤー獲得や「JNCAP」で輸入車初の5つ星獲得など、話題にこと欠きません。

現在のラインナップは、ハッチバックの3グレード、ゴルフGTI、ゴルフR、そしてワゴンのヴァリアントですが、5代目にはゴルフ プラスという背高系モデルも存在しました。

日本ではゴルフ ヴァリアントとトゥーランで顧客ニーズをほぼカバーできると踏んだのか、ラインナップから落ちていました。

昨年9月のフランクフルトモーターショーで披露されたゴルフ スポーツバンが発表されました。ゴルフ プラスの後継モデルで、現行ゴルフ7と同じようにMQBを使い開発され、現行ゴルフでは3つめのボディ形状になります。

後席にはハッチバックやワゴンにはない分割式スライド機構を採用し、実用性を向上させているのがニュース。

欧州値でのボディサイズは全長4338×全幅1807×全高1578mmで、ハッチバックよりも少しずつ大きくなっている恩恵で、380Lよりも容量アップの500Lと荷室容量も向上。

ハッチバックよりも背を高くして居住性や積載性を高めていたゴルフ プラスは、日本向けと思われましたが、コンセプトが分かりにくかったのが、認知度はもう少しでした。ゴルフ スポーツバンはよりスポーティになっていますから、日本でも意外と受けるかもしれませんが、日本への導入は未定です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ