ジェラートイメージの限定車フィアット500「GELATO」

コラム Clicccar

貴重な輸入Aセグメント車であり、人気者のフィアット500。

2008年に日本上陸を果たして以来、リバイバル系の人気モデルになり、2011年には2気筒エンジンの「ツインエア」も導入。直列2気筒インタークーラー付ターボエンジンは、875ccにも関わらず最高出力85ps、最大トルク14.8kgmを達成。

燃料消費率は 24.0km/L(JC08モード)、CO2排出量は97g/km(JC08モード燃費換算値)という低燃費も自慢です。

6月14日から発売される限定車の「500 GELATO」、「500C GELATO」は、なんともオシャレなコンセプトが特徴。

「FIAT 500 GELATO」は、それぞれ「500TwinAir Pop(チンクエチェント ツインエア ポップ)」がベースで、「FIAT 500C GELATO」は「500C TwinAir Pop(チンクエチェント シー ツインエア ポップ)」がベースモデルです。

特別色として大人気のバニライエローをボディカラーに用意し、シートにアイボリー/チョコレート色を組み合わせることで、 「ジェラートを片手にイタリアのバケーションを楽しむ光景をイメージした点がポイント」とのこと。

価格はFIAT 500 GELATOが225万7200円で限定150台、FIAT 500C GELATOは257万400円で、こちらは限定80台になります。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ