【ル・マン24時間2014】15時間経過 トヨタ7号車リタイア!トップはアウディに!

コラム Clicccar

No.7トヨタTS040はスタート後、14時間トップを守り続けました。

しかし、チームのエース中嶋選手が走行中、 コース上でストップ。今しがた、オフィシャルタイミングモニターからカーナンバー表示が消えました。 トップは首位争いを繰り広げていたNo.2アウディR18に移りました。

2位は3周遅れのNo.20ポルシェ919。
3位は同一周回でNo.1アウディR18。
4位は11周遅れのNo.14ポルシェ919。
5位に同一周回でNo8トヨタTS-040

そして、15時間を目前に今度はNo14ポルシェ919がコース上でストップ。No8トヨタTS-040が4位に繰り上がりました。今年から、ハイブリッドの回生システムを始めとしたレギュレーションの大幅変更で、各チームに電気系トラブルが出ている様です。

各ワークスチームはマシンを1台ずつ失いながら、死闘を繰り広げています。

(川崎BASE)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ