トヨタ、米国の販売好調で増税後の国内販売減を補完!

コラム Clicccar

米国の新車市場は景気の緩やかな回復と自動車ローンの低金利を背景に需要が拡大しています。

米調査会社オートデータによると、7月の米国新車販売台数は143.5万台(前年同月比+9.1%)、1月からの累計では960万台(前年同期比+5.0%)と好調。


(トヨタ 米国ケンタッキー工場)

中でもトヨタは7月に21.6万台(+11.6%)を販売、累計でも138万台(+6.1%)を販売するなど、非常に好調に推移しています。

米市場におけるSUV系の好調を受けてRAV4の7月販売が2.7万台(前年同月比+37.1%)と大きく伸びているのが特徴で、主力の「カムリ」が4万台(+14.7%)、「カローラ」が3万台(+26.0%)とそれぞれ米国販売を牽引。

これにより、米国市場に於けるトヨタのシェアは15%と前年同月比で0.3ポイント上昇しており、11カ月ぶりにフォードを抑えて首位GMに次ぐ2位に浮上しました。

一方、日産も7月に12.1万台(+11.4%)、累計で82.6万台(+12.6%)を販売。

主力の「アルティマ」の販売が2.7万台(前年同月比‐9.8%)と伸び悩んだものの、「セントラ」の販売が1.7万台(前年比+43.1%)と好調で、シェアが8.5%(+0.3ポイント)に上昇しています。

トヨタが8月5日の決算発表で明らかにしたとおり、米国の販売が増税後の国内新車販売減を補完した形。

同社は米国販売の好調で得た利益を次世代の環境技術開発や工場の生産設備増強に充てており、そうした意味で米国市場は同社の屋台骨を支えていると言っても過言では無いようです。

■米国トヨタ Webサイト
http://www.toyota.com/?

〔関連記事〕

決算で最高益達成のトヨタが業績予想を据え置く理由
http://clicccar.com/2014/08/06/264226/?

米販売が好調なトヨタが2016年、北米本社移転の背景は
http://clicccar.com/2014/07/17/262178/?

トヨタ、世界ブランド価値ランキング自動車部門で1位!
http://clicccar.com/2014/05/31/257810/?

2014年世界販売で首位3連覇を目指すトヨタとVWが激戦!
http://clicccar.com/2014/04/21/253148/?

トヨタが米巨大リコールを1,200億円で和解する背景は
http://clicccar.com/2014/03/25/250154/

Avanti Yasunori

【画像をご覧になりたい方はこちら】http://clicccar.com/2014/08/08/264379/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ