新型スバル「WRX STI」共通するあのパーツとは?

コラム Clicccar

スバルWRX STIがフルモデルチェンジしました。ボディは完全新設計ながら、高回転型のEJ20ターボエンジンやDCCDを内包した6速MTなどパワートレインは基本的にキャリーオーバーといえる内容となっています。

実は、キャリーオーバーで使われているのはパワートレインだけではありません。

WRX STIの象徴ともいえる大型リヤウイング(タイプSに標準装備)も、マウント部分を除いて、旧型と同じ形状だというのです。

性能的に改良する必要性を感じなかったというのが、そのまま使われている理由ですが、すなわちWRX STIのリヤウイングは、格好だけでなく、空力性能も含めてしっかりとデザインされているというわけです。

また、WRX STIは、シフトレバー後方にSI-DriveやDCCDのコントロールパネルを置いたレイアウトも旧型と共通ですが、これは従来からのユーザーが新型に乗り換えても、ブラインドタッチできるようにという配慮なのだそうです。

■関連記事

スバル「WRX S4」画像ギャラリー ─「ぶつからない」を標準装備。大人のスポーツセダン
http://clicccar.com/?p=265320

スバル「WRX STI」画像ギャラリー ─ 3,790,800円から、スポーツAWDの頂点
http://clicccar.com/?p=265296

スバル新型「WRX S4」試乗 ─ 最大ブースト158kPa、大人のスポーツセダン
http://clicccar.com/?p=265673

スバルWRX STIを富士スピードウェイで試乗。サーキットでも安心安全
http://clicccar.com/?p=265660

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ