ダイムラーも関わる中国産EVは、実質430万円で販売開始

コラム Clicccar

メルセデス・ベンツなどのブランドを擁するダイムラーと、電気自動車用バッテリーで知られる中国企業BYDのジョイントにより生まれた電気自動車「DENZA」が、深センBYDダイムラー・ニューテクノロジー株式会社(BDNT)で生産開始されたと発表がありました。

ダイムラーの生産技術と、BYDのリン酸鉄リチウムイオンバッテリー技術が合わさった、中国企業による中国市場のための電気自動車の発進です。現地での価格は36万9000元(約640万円)、補助金12万元を考慮しても、実質的な価格はおよそ430万円となると発表されています。

強固なアルミケースで守られたバッテリーはEクラス相当という長いホイールベースに収められ、その航続可能距離は300kmという、中国産電気自動車の市販スタートです。

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ