ギリギリ対応? トヨタ・プレミオとアリオンが横滑り防止装置を標準装備

コラム Clicccar

トヨタの5ナンバーサイズ・セダン「プレミオ」と「アリオン」が2014年9月29日にマイナーチェンジを受けました。

トヨペット店で扱うプレミオ、トヨタ店で販売されるアリオンともに、マイナーチェンジの主な内容は、1.5リッター・2WD車にアイドリングストップ機構を与えたことにより燃費性能を向上(JC08モード:19.2km/L)されている点にあります。

そして、全車に横滑り防止装置である「S-VSC(ステアリングアシスト・ビークル・スタビリティ・コントロール)」と坂道発進でのずり下がりを防ぐ「ヒルスタートアシストコントロール」を標準装備しています。

じつは、継続生産車においては2014年10月1日以降の生産車に横滑り防止装置(各社でESP、ESC、VDC、VSCなどの名称があります)が義務化されることが決まっています。その期限まで2日というタイミングでのマイナーチェンジの発表ですから、まさにギリギリのタイミングといえそうです。

また、セーフティ性能でいえば、4WD車に「アクティブトルクコントロール4WD」を採用したことも、あわせて発表されています。

メーカー希望小売価格は、プレミオが、1,847,782円〜2,840,400円。アリオンは、1,836,982円〜2,789,345円(いずれも消費税込)となっています。

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ