ホンダCR-Vがマイチェンで160馬力・350Nmのディーゼル搭載【パリモーターショー2014】

コラム Clicccar

パリモーターショー2014で、ホンダはイギリスで生産する欧州仕様CR-Vのマイナーチェンジを発表しています。

フロントグリル、スキッドプレートを備えたフロントバンパー、前後ランプ類をLEDなどによって一新したエクステリアは、日本仕様のマイナーチェンジも予感させるもの。そして、ホンダが独自に開発した1.6リッター・ディーゼルの性能アップを果たしているのが、欧州仕様らしいところです。

従来から新世代の1.6リッターi-DTECディーゼルを搭載していたCR-Vですが、今回発表されたマイナーチェンジ版では四輪駆動車のエンジン性能を160馬力、350Nmへとパフォーマンスアップ。さらに従来からの6速MTに加えて、ホンダブランドとしては初採用(アキュラでは実績あり)となる9速ATとクリーンディーゼルが組み合わせられているというのもニュースです。

この新ディーゼルを搭載したCR-Vの二酸化炭素排出量は、130〜135g/km。なお、二輪駆動車は、120馬力の1.6リッターディーゼルを搭載、二酸化炭素排出量は117g/kmとなっています。

■関連記事

ホンダCR-V国内販売最終モデルか!
http://clicccar.com/2014/08/04/263792/

ホンダCR-Vに1.6クリーンディーゼル搭載グレード追加【ジュネーブモーターショー】
http://clicccar.com/2013/03/07/214740/

 

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ