新型VWポロ ブルーGTは価格283.5万円、燃費はリッター21.5km

コラム Clicccar

Bセグメント(全長4m前後の小型車)におけるベンチマークと言われることも多い、フォルクスワーゲン・ポロの最上級モデル「ポロ ブルーGT」がモデルチェンジしました。

専用フロントグリル、前後バンパー、リヤスポイラー、そしてブラックドアミラーといったエクステリアで標準モデルと差別化した「ブルーGT」の特徴は、ACT(状況に応じて2・3版気筒を休止するシステム)を採用した1.4リッターエンジンを積んでいることです。もちろん、アイドリングストップも備えています。

従来のブルーGTに対して、10馬力アップしたという1.4リッターターボエンジンながら、燃費性能も向上。これまでより0.2km/L優れる21.5km/LのJC08モード燃費としています。

環境性能の指標のひとつである排ガス性能は、平成17年規制75%減とクリーンで、取得税・重量税ともに免税対象ということです。

ポロ ブルーGTは右ハンドル、4ドア、前輪駆動のモノグレード。メーカー希望小売価格は2,835,000円(消費税込)となっています。

標準モデルのポロに対して15mmダウンのスポーツサスペンションや17インチタイヤでフットワークを引き締めたポロ ブルーGTは、最上級モデルらしく装備も充実しています。

安全面では、ミリ波レーダーをつかったプリクラッシュセーフティ「フロントアシストプラス」を標準装備。あわせて低速域での衝突被害軽減ブレーキである「シティエマージェンシーブレーキ」も装備します。さらに、リヤビューカメラも標準搭載。ドライバーの疲労検知システムも採用しているのがGT(グランツーリスモ)らしいところといえるでしょうか。

ミリ波レーダーを利用したACC(先行車追従型クルーズコントロール)はパドルシフトとのセットオプション(64,800円)として設定。そのほか、オプションとしてはバイキセノンヘッドライト(129,600円)や純正ナビゲーション”714SDCW”(199,260円)を用意しています。

●ポロ ブルーGT 主要スペック
全長:3995mm
全幅:1685mm
全高:1445mm
ホイールベース:2470mm
エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ
総排気量:1394cc
最高出力:110kW(150馬力)/5000-6000rpm
最大トルク:250Nm/1500-3500rpm
トランスミッション:7速DSG
燃料消費率:21.5km/L(JC08モード)
タイヤサイズ:215/40R17

国産Bセグメントでは1.5リッタークリーンディーゼルを搭載したマツダ・デミオが話題となっていますが、そのデミオの1.5リッターディーゼル(AT)と同等の最大トルク250Nmをガソリンターボで発生しているポロ ブルーGT。国内Bセグメントにおけるパフォーマンス争いは、ガソリンターボ VS. クリーンディーゼルといった様相を呈してきたといえるのかもしれません。

■関連記事

フォルクスワーゲン新型ポロの走りはどう変わった?
http://clicccar.com/2014/09/17/268444/

フォルクスワーゲン「ポロ」画像ギャラリー ─ 燃費改善、追従クルーズコントロールもついた!
http://clicccar.com/2014/08/26/265728/

マツダ新型デミオで長距離を走るクルマ好きなら迷わずディーゼルを選びたい!
http://clicccar.com/2014/10/03/270872/

新型マツダ・デミオのクリーンディーゼル、実は2種類ある!
http://clicccar.com/2014/09/27/269703/

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ