「世界ブランドランキング」のオールジャンルでトヨタが8位ランクイン

コラム Clicccar

世界最大のブランドコンサルティング会社であるインターブランドが、世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2014」を発表しました。

このランキングは、グローバルな事業展開を行うブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けするもの。

昨年に引き続き、2年連続でApple とGoogle がそれぞれ第1位、2位を占めています。Appleのブランド価値は1189億ドルとなり、昨年に比べ21%増やしており、2位のGoogleは同15%増の1074億ドルとなっています。また、中国の「Huawei」が94位と、インターブランドのランキングに中国の会社として初めてランクイン。

自動車ブランドでは、「Best Global Brands」 にランクインした14の自動車ブランド全体のブランド価値は2119億ドルとなり、昨年より14.6%増の成長を遂げています。

自動車部門のブランド価値増加率トップ5のうち3ブランドについては、昨年は過去最高の業績を残しています。今年ランクインした14の自動車ブランドは次のとおり。

8位:トヨタ(前年比20%増)
10位:メルセデス・ベンツ(前年比8%増)
11位:BMW(前年比7%増)
20位:ホンダ(前年比17%増)
31位:フォルクスワーゲン(前年比23%増)
39位:フォード(前年比18%増)
40位:ヒュンダイ(前年比16%増)
45位:アウディ(前年比27%増)
56位:日産自動車(前年比23%増)
60位:ポルシェ(前年比11%増)
74位:起亜(前年比15%増)
82位:シボレー(前年比10%増)
91位:ランドローバー(初)

「Best Global Brands」 で2004以来自動車業界の首位であるトヨタは、環境技術のリーダーであり、17年前に初代プリウスを発売して以来、世界で総計320万台販売している点が高く評価されています。

先日、ハイブリッド車のグローバル販売台数が700万台を突破したと発表したトヨタの先駆者として努力がブランド価値に結びついているようです。

また、現在は、Prius Plug-in Hybrid を含め総計25のハイブリッドモデルを用意。2014年度には70億ドルを環境技術に費やし、前年度比11%増加しています。

ほかのブランドでは、ITとクルマの融合が急速に進む中、自動車部門のブランド価値増加率上位のアウディ、フォルクスワーゲン、日産は、「人間とクルマの関係を再定義し、顧客とより強い情緒的な結びつきを創ろうとしている」と評価されています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ