出会い頭の事故ゼロへ!? 360度ビューをボルボが開発

コラム Clicccar

2020年までに、新しいボルボ車が関係する死亡者や重傷者をゼロにするという「VISION 2020」という目標を掲げているボルボ。

その一環として、複数のセンサー情報を統合して活用する次世代の「センサー・フュージョン」技術を開発し、車両の周囲360 度を、シームレスに俯瞰できるシステムが公表されました。

このシステムは、4 年間の活動期間を経て本年12 月に終了するという「ノンヒット・カー・アンド・トラック」プロジェクトにおいて生まれたもので、乗用車および商用車の交通事故発生リスクの軽減を目標に、ボルボをはじめスウェーデンの複数の企業や機関が参加する産学共同プロジェクトが発足し、新技術の開発や既存技術の改良を実施。

「センサー・フュージョン」の開発で画期的なのが「360度ビュー」の実現で、車両のさまざまな所に設置された、多くのセンサーの情報を統合して利用するという、過去に例のないシステムです。

そのためデジタルカメラ、ミリ波レーダーや赤外線レーザー、GPS などの異なる情報を一元的に統合する、集中処理型フレームワーク「センサー・フュージョン」を開発。

「センサー・フュージョン」により、自車の周囲360 度の完全な視界が確保され、通常ではドライバーから死角となる、事故の発生につながる危険を発見することが可能になります。

しかも、このテクノロジーは既存の自動車用センサーを活用するため、近い将来の実用化が可能とのことで、実用化されれば出会い頭の事故が減少することが期待されます。

また、当然ながら自動運転も見据えた技術になっているのは間違いないでしょう。

■新型ボルボXC90に用意される世界初の安全装備「交差点ブレーキ」

http://clicccar.com/2014/08/10/264048/

■新型ボルボXC90に用意される世界初の安全装備「ランオフ・ロード・プロテクション」

http://clicccar.com/2014/08/09/264044/

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ