新型グランドC4ピカソ/C4ピカソが発売開始! 価格は347万円〜

コラム Clicccar

すでにティザーサイトなどを紹介してきましたが、新型となるシトロエンの新型C4ピカソが発売されました。7年ぶりのフルモデルチェンジで、今モデルからは日本には5シーターが初上陸となり「C4 PICASSO(C4ピカソ)」を名乗ります。

従来からあった3列シートの7人乗りは、「GRAND C4 PICASSO(グランドC4ピカソ)」とネーミングを変えています。

先代同様に広大なフロントウインドウなど、広大なガラスエリアが目を惹く新型グランドC4ピカソ/C4ピカソ。なお、発売日は10月25日で、車名の由来であるパブロ・ピカソの生誕133周年にあたるそうです。

まず、目を惹くエクステリアは「グランドC4ピカソ」「C4 ピカソ」ともに伸びやかなフォルムが印象的。

横に広く伸びるダブルシェブロンにつながる薄型LEDヘッドランプを「GRAND C4 PICASSO」では一体化する一方で、写真では少し分かりにくいですが「C4 PICASSO」では独立させており、両者で微妙に異なる顔の表情を作り出しています。

パワートレーンは、165psの1.6Lツインスクロールターボに6速ATを組み合わせ、燃費とスムーズな変速フィールを実現。

インテリアでは「グランドC4ピカソ」では、「C4ピカソ」に比べてリヤホイールを55mm後方に配置し、全長は先代と変わらないまま、セグメント最長のホイールベースを確保しているのが自慢。

操作性では、インパネのセンター部に配置された12 インチと7 インチのふたつからなるフルデジタルのスクリーンによって、各インターフェースを操作。

上部の12インチパノラミックスクリーンは、スピードメーター、タコメーターやフロント/バックのカメラ、360°ビジョンなどを表示。ダッシュボード下部の7 インチタッチスクリーンではエアコンやオーディオ、ナビゲーションなどを表示、操作することができます。

ほかの装備では、アクティブクルーズコントロール、ディスタンスアラート、レーンディパーチャーウォーニング、インテリジェントハイビーム、360度ビジョンなどの最新装備を用意。

気になる価格は、16インチを履く「グランドC4ピカソ・セダクション」が347万円、17インチを履く「グランドC4ピカソ・エクスクルーシブ」が378万円、5名乗車で16インチの「C4ピカソ・エクスクルーシブ」が357万円になっています。

輸入車では貴重な3列シート車ですが、日本のミニバンではもの足らない人に、大いに注目されるはずのグランドC4ピカソ/C4ピカソ。ニッチでも待望の日本上陸といえるでしょう。

■新型シトロエンC4ピカソの5人乗り仕様がスペシャルサイトに登場!
http://clicccar.com/2014/09/10/267706/

■新型シトロエンC4ピカソの10月発売に先駆けてパリ旅行が当たるティザーサイトがオープン
http://clicccar.com/2014/08/09/264286/

■シトロエン「C4ピカソ」の次期型と兄貴分の「グランドC4ピカソ」フランクフルトに登場!
http://clicccar.com/2013/09/10/230218/

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ