トヨタが「カイゼン」ノウハウ応用で農業に本格参入!

コラム Clicccar

トヨタ自動車が熊本県の果実堂に約1億円を出資、同社と資本業務提携したそうです。

トヨタはこれまで自動車事業で培った生産管理手法や工程改善ノウハウを農業分野に応用して農作業のムダを「見える化」する管理システムを開発、稲作を中核事業とする農家の生産性向上を支援しており、農業関連を成長分野の一つと位置付けています。

一方の果実堂はベビーリーフのハウス内土耕栽培で国内最大のシェア(年間生産量500トン、2014年度売上高 約10億円)を誇る農業ベンチャー。

サラダ用などの葉野菜栽培の高度化を目的として熊本県内で大規模栽培に取組んでおり、自社内の研究所で全ての栽培データをITを駆使して一元管理、土壌、水分、温度、微生物等の最適条件に基づくサイエンス農業を実践。

今回の提携により、両社が目指しているのは……

・トヨタのバイオ技術を融合させて将来の事業化に繋げる
・トヨタのカンバン生産方式の導入による経営基盤の強化
・機械化,IT化によるベビーリーフ生産のさらなる高度化

2005年設立の果実堂には既に三井物産やカゴメも出資、トヨタはカゴメに次ぐ株主となる見通し。

果実堂は2015年度以降の株式公開を目指しており、今回のトヨタの資本参加(持株比率 3.7%)で株主構成の安定化が図れるメリットがあるとしています。

またトヨタも今回の果実堂への出資で経営状況や支援の実効性を把握でき、より農業への知見を深められるとしており、自動車で培った「カイゼン」手法を農業分野でも活かしていく考え。

(出展 果実堂)

最近ではトヨタの他にも電機メーカーの東芝やパナソニック、日立製作所などが野菜の大規模な生産・販売に取組んでおり、中でも東芝は支援ではなく本気で農業事業を目指しているようです。

これらの企業各社が取組んでいるのはセンシングや制御技術、ITを活用した品質管理など工場生産で培ったノウハウを活かした農業。

コスト分析やカイゼンなど、工業生産では当然とされる仕組みが多くの場合、農業生産では実践されていないのが実状と言います。

気候変動などで食糧を生産する農業の重要性が世界的に高まっている中、工業製品を手掛ける企業の目には農業がまだまだ生産性の面で改善余地があると映っているためで、そこに大きな商機があると睨んでいるからに他なりません。

一見、異業種に見える工業と農業ですが、その運用ノウハウには合い通じるものが有るというワケです。

■果実堂 Webサイト
http://www.kajitsudo.com/index.php

Avanti Yasunori

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ