2014年の軽自動車ナンバーワンはスズキ

コラム Clicccar

全国軽自動車協会連合会より、2014年のブランド別・軽自動車販売台数が発表されています。

2007年から7年連続で軽自動車の新車販売シェアトップはダイハツが譲らない状況でした。しかし、予想通り、2014年のシェアトップはスズキが奪還したのです。

とはいえ、2014年の軽自動車・新車販売台数でいえばスズキの70万9083台に対して、ダイハツは70万6288台。かなりのデッドヒートだったのです。

前年比の伸びでいうと、スズキが113.9%、ダイハツは107.0%。ハスラーが新マーケットを創出したことによる伸びがスズキのトップ奪還につながったといえそうです。

●2014年 軽自動車(四輪) 新車販売ブランド別ランキング
1位 スズキ 70万9083台 (113.9%)
2位 ダイハツ 70万6288台 (107.0%)
3位 ホンダ 40万2358台 (98.8%)
4位 日産 24万1534台 (129.9%)
5位 三菱 8万366台 (95.8%)
6位 マツダ 5万6967台 (98.2%)
7位 スバル 4万2988台 (78.4%)
8位 トヨタ 3万3070台 (81.4%)
 ※全国軽自動車協会連合会調べ ()内は前年比

スズキ、ダイハツ、そして日産が前年比で伸びているのに対して、ダイハツからOEMを受ける、スバルとトヨタが前年比で大きく沈んでいるのが気になる年間ランキング。

2014年の後半にも、ダイハツはムーヴやウェイク、スズキがアルトをフルモデルチェンジするなど積極的なモデル投入が行なわれている軽自動車マーケット、2015年の激しいトップ争いはもう始まっています。

いえ、2014年度の争いがラストスパートに入りつつあるといえるのかもしれません。

メーカー間の切磋琢磨による、製品開発やユーザーサービスの向上に期待しましょう。

■関連記事

2014年度の軽自動車トップシェアは、スズキかダイハツか!
http://clicccar.com/2014/11/01/275846/

 

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ