新型レクサスRCは、レクサスブランドのトレンドリーダー!

コラム Clicccar

ジャーマンスリーと呼ばれるベンツ・BMW・アウディのプレミアムブランドは、高性能クーペを大切にしてきました。さすがに販売台数は見込めないものの、華やかなデザインと高い性能で、ブランドイメージを訴求できるからです。

新型レクサスRCも、レクサスのエモーショナルなイメージを強化するために、クーペスタイルを採用しました。最新のレクサストレンドを身にまとい、2つのパワーユニットを搭載して、レクサスブランドの華として登場したのです。

■パワーユニットは、V6・3.5Lと直4・2.5LのHVの2本立て!

新型レクサスRCは、車格的にISとGSの中間に位置するクーペとして誕生しました。もちろん駆動方式も、ISやGS同様にFRを採用。パワーユニットは、ガソリンV6・3.5Lエンジン&8ATと直4・2.5LのHVの2本立てで、NAのナチュラルなパワー感とHVのスマートな走りが選べます。

ボディには、徹底した剛性対策を実施。組み立てには、レーザー溶接やパネル接着剤、新開発のウィンドウ接着剤を採用しました。更にアンダーボディにブレース等による補強を加えて、高剛性ボディを実現。これにより、プレミアムクーペに相応しい快適性と優れた運動性能を両立しました。

■新型レクサスRCはレクサスブランドのトレンドリーダー!

新型レクサスRCのFRらしい伸びやかなプロポーションは、ボンネットと2ドアキャビンのバランスの賜物。やはりFRには、長いボンネットと小さめのキャビンが似合いますネ。フロントのスピンドルグリルとL字ポジションライトの組合せは、新世代のレクサス顔。彫りの深い造型が見所となっています。

ボディサイドは、繊細なショルダーラインからエッジの効いたプレスラインに変化し、迫力を増していきます。間近で見ると、リアフェンダーの張り出しも大きく、リアの造型もダイナミック。FRのエレガントなシルエットと新生レクサスの個性的な造型が、見事に融合したデザインとなっています。

(拓波幸としひろ)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ