なんで今まで無かったの?DIXCELの制振シムがスゴイ!【東京オートサロン2015】

コラム Clicccar

ブレーキ関連でお馴染みのDIXCEL。

そのブースの中央に、なにやら大げさな機械が置いてある。これはブレーキの鳴きを人為的に起こす機械。

左側が対策を施していない高性能パッド。右が制振シムを貼り付けたもの。集音マイクを取り付けて、各パッドの音や振動を可聴できるようにしたもの。制振シムをつけたものでは、まったくの無音となっています。

詳しい仕組みはパネルで解説してあるので端折るとして、シムをつけただけでキーっという不快なブレーキ鳴りは解消されるという優れもの。ノーマルの純正パッドにはついている場合もありますが、アフターパーツの高性能パッド用として別体モノは初めて。

鳴き止めパッドは効かないし、高性能ブレーキパッドにブレーキ鳴りはつき物とあきらめていませんか。

たった一枚の黒い部分がブレーキ鳴りを解消し快適なドライブを約束します。

ありそうで無かった画期的な品。どうして今まで、他社も含めて出なかったのか、謎は深まるばかりです。

DIXECELの高性能ブレーキパッドには徐々に付属品として同梱されつつあるので、ブレーキパッドを購入する際はチェック!

(松永和浩)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ