クスコでおなじみのキャロッセがクワイフLSDを扱う理由とは【東京オートサロン2015】

コラム Clicccar

東京オートサロンは、カスタムカーの祭典で、クルマ作りのトレンドが感じられる場でもありますが、自動車パーツ業界の 意気込みや、新しいチャレンジへの発表が数多く行なわれる場でもあるのです。

2015年の東京オートサロンでは、LSD(リミテッド・スリップ・デフ)という、普段は目にすることの少ない部品ながら、スポーツ走行には欠かせないパーツについて、大きな動きが発表されました。

その発表をしたのは、『CUSCO(クスコ)』ブランドで自動車用パーツの製造・販売を手掛けるキャロッセです。

ディスク間の摩擦によりLSD効果を発揮するプレート型LSDでは、国内トップブランドであるクスコLSDを展開するキャロッセが、なんとヘリカル型LSDのトップメーカーであるイギリスのRTクワイフエンジニアリング社の正規代理店となり、同社のヘリカル型LSD「ATB (オートマチック・トルク・バイアッシング) LSD」を取り扱うというのです。

 

アフターパーツとして複数のLSDを扱うことに疑問もありますが、ヘリカルギヤの摩擦を利用したヘリカル型LSDは、いわゆるLSD効果ではプレート型よりも劣る傾向にありますが、コンパクトさではヘリカル型に歩があるといった風に、異なる特徴を持っています。

もともとクスコブランドのプレート型LSDにおいても、ユーザーニーズに合わせて、内圧式と外圧式という異なるタイプをラインナップしているキャロッセですから、LSDの多様化には理解も勝算もあるのでしょう。

LSDとしての機能面だけでなく、イギリスに本拠を置くクワイフ社のATB LSDは、やはり欧州車の対応ラインナップが広いという特徴もあります。いまや日本市場においても欧州車でのチューニングを楽しむユーザーは増えていますが、そうしたユーザーに向けて、ヘリカル型LSDを届けていきたいとキャロッセのスタッフはアピールしていました。

ちなみに、2015年はクワイフ社の創業50周年という記念すべき年で、キャロッセとクワイフの協業体制が生まれたことは、歴史的なタイミングといえるかもしれません。また、 協業ということですから、欧州ではクワイフ社が、クスコLSDの代理店を務めるということになる模様です。

クワイフのATB LSDの持つ、コンパクトさというメリットを活かし、プレート型LSDでは難しいとされるギアボックス容量の小さい車両、オートマチック車などをメインターゲットに展開していくということで、オートサロンのキャロッセブースではフォルクスワーゲン用を中心に展示されていました。

なお、展示されたフォルクスワーゲン・ゴルフのDSG用の価格は税抜き22万円となっています。

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ