ハイブリッドカーの燃費を1割改善する次世代半導体をトヨタが公道テスト

コラム Clicccar

2014年5月に、ハイブリッドカーの燃費改善やコントロールユニットの小型化に寄与する「SiC(シリコンカーバイド)」を使った、SiCパワー半導体を発表。その走行実験を一年以内に行なうとしていたトヨタが、予定を前倒しして実験開始です。

モーター駆動力を制御するパワーコントロールユニットに、高効率な素材であるSiCパワー半導体を搭載したハイブリッドカー「カムリ」の試作車を開発し、2015年2月より約1年間、豊田市を中心に公道での走行テストを行なうことが発表されました。

ハイブリッドカーのパワーコントロールユニットといえば、かなり大きいイメージもありますが、公開されている画像で確認できるそれは、まるで12Vの鉛バッテリーと同程度のサイズに見えます。

サイズについては公表されていないものの、SiCを使うことで、従来比で20%のサイズを目指すという狙いはすでにアナウンスされているところで、まさに小型化をアピールしているといえそうです。

2015年2月からはじまる公道テストでは、高速走行、市街地走行、渋滞等などリアルワールドでの走行条件において、SiCパワー半導体搭載による燃費向上効果を検証していく予定となっています。

また、すでにSiCパワー半導体を搭載したクルマは公道を走っていて、乗ることができるといいます。

それが、既報の燃料電池バス。

2015年1月9日から期間限定で、豊田市内の路線バスとして営業運行している燃料電池バス(FCバス)は、燃料電池からの電圧を制御するFC昇圧コンバーターにSiCダイオードを搭載しているということです。

 

■関連記事

ハイブリッドの燃費を10%高める高効率パワー半導体をトヨタグループが開発
http://clicccar.com/2014/05/28/256395/

国産乗用8社のこれからがひと目でわかる【人とくるまのテクノロジー展2014】?
http://clicccar.com/2014/05/22/256618/

トヨタと日野自動車が燃料電池バスを開発、豊田市で3月31日までの営業運転で走行
http://clicccar.com/2015/01/26/289548/

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ