ついに発表されたCX-3! その走りを動画で【動画】

コラム Clicccar

ついに正式発表されたCX-3。こちらの記事で紹介したように、クリッカーでは早くも試乗してその走りをチェックしてきました。今回はAWD車の雪上での走りを動画で紹介しましょう。

ポイントはやはり、スラローム(コーナリング時)の車両の動き。

通常は安定志向のハンドリングになるよう前後トルク配分をコントロールしますが、コーナリング中にアクセルを踏み込むような運転をすると「ドライバーが積極的に運転を楽しんでいる」と車両が判断して後輪に送るトルクを増やし、後輪を滑らせ気味にクルマが内側へ曲がりこんでいく挙動になります。

その様子は、動画の開始直後(2〜3秒目あたり)を見ているとよくわかりますね。

また、47秒くらいからはスタート時に後輪が反応遅れすることなくしっかりと4輪でトラクションを得ているのがわかります。

CX-3に搭載している4WDは、「i-ACTIV AWD」と呼ぶマツダの新世代4WDシステム。FFをベースに電子制御でトルク配分をおこなうアクティブオンデマンド式ですが、他社のシステムに比べて制御に使っているセンサーが多く、状況を受けるだけでなく予測することで必要なときは瞬時に最適なトルクを送って走破性を高めているのが特徴です。

オンデマンド式ながらそのトラクション能力の高さはフルタイム式と思えるほど高く走りが安定する一方で、ドライバーの運転方法によっては走りを楽しめる味付けを忘れていないのがマツダらしいですね。

では、そんなCX-3の走りを動画でどうぞ。

■関連記事:マツダ・CX-3「発売前」に試乗しました!
http://clicccar.com/2015/02/23/294968/

(工藤貴宏)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ