ポルシェ「911 GT3 RS」画像ギャラリー ─ 4.0リッター、500馬力、2530万円

コラム Clicccar

2015年3月3日に開幕した第85回ジュネーブモーターショーにて世界初公開された、ポルシェの公道を走れるレーシングカー「911 GT3 RS」の予約受注がはやくも始まっています。

メーカー希望小売価格は2530万円。ハンドル位置は左のみ。ボディサイズは、全長4545mm、全幅1900mm、全高1290mmとなっています。

ロードゴーイングスポーツカーにおいて速さの基準といえるニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分20秒という驚異的なもの。

そのパフォーマンスは、4.0リッターの水平対向6気筒エンジンや専用の空力&軽量ボディが生み出しています。

4.0リッターエンジンの最高出力は500馬力(368kW)、最大トルクは460Nm。理想的な変速を実現する7速PDKにより、0-100km/h加速は3.3秒、0-200km/h加速は10.9秒です。

コーナリング性能については、リアアクスルステアリング(後輪操舵)と電子制御リアディファレンシャルから構成される「ポルシェ・トルク・ベクトリングプラス」やワイドトレッドにより高められているということです。

ボディでのトピックスは、ルーフに初めてマグネシウムが使用している点でしょう。さらに、カーボンファイバー製エンジンフードやフロントリッドなどを採用することで、911 GT3より約10kgも軽量になっているといいます。

911ターボ譲りのワイドボディとRS専用エアロパーツ(フロントリップスポイラーと大型のリアウイング)もボディの特徴となっています。見逃せないのが、フロント・ホイールアーチ上のエアアウトレット。これによってレーシングカーばりのフロント・ダウンフォースが期待できるということです。

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ